【長井かおり】"元から立体顔" に見えるベースメイクテクって?

【長井かおり】"元から立体顔" に見えるベースメイクテクって?

今、美界が最も注目する長井さんの連載。シンプルメイクでも凛として見えるナチュラルな彫り顔の提案です!
教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
長井さんのテクニックを完全ビジュアライズした新刊『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』(講談社)が、発売と同時に話題に!

究極にナチュラルな彫り方! "元から立体顔" 見せベース

「ロイヤルウェディングが話題になったメーガン妃こと、サセックス公爵夫人。彼女のウェディングメイクも、まさに彫り感を活かしたナチュラルメイクでした。このテクニックをマスターすれば、立体顔と好感度を同時に獲得できます。名付けて『メーガン彫り』。ぜひ手に入れて!」(長井さん)

使用コスメ&ツールはこちら!

(A)柔らかなタッチのブラシは天然のポニー毛。繊細な彫りにちょうどいいサイズ。
オールオーバー シャドウ ブラシ ¥1600/レブロン

(B)シェーディング用の4色カラーチークは、マットなブラウンなので目元の彫りにも最適。
ミックスカラーチーク 20 ¥680/セザンヌ化粧品

(C)斜めカットで狙った場所に正確に入れやすい。
プレシジョンチークブラシ 150 ¥5200/メイクアップフォーエバー

HOW TO MAKE-UP

STEP1

Bの右側2色を混ぜて使用。通常よりも幅広、横も広めに指先で左右にワイパー塗りを。通常よりも幅広めで彫り感をアップ!

STEP2

下まぶたにも彫りを。ブラシを使い、涙袋幅に同じ色をオン。目尻は上の彫りと繋げて。上下まぶたともファンデのヨレをまず整えて。

STEP3

目元用のブラシをそのまま使い、眉頭下のくぼみにもサッと彫りを。眉側から入れて。眉自体は後から描くので、下地的にオン。

STEP4

小顔効果を狙って生え際にもサラッとBの右2色をオン。濃すぎないように。フェイスラインの影で小顔感アップ。

STEP5

「カックン」と頰骨の下側に影を入れ、そのまま下方向に「サササ」とブラシを動かしてさらに彫る。

完成♪

決して目立たないけど、確実に効果的な彫り感が誕生。美人度が増し、グッと締まった印象。

長井かおりさんの教え:コスメ選びもテクのうち

テクニックと同等に大事なのが、コスメを選ぶ力。選別眼を磨くことが、キレイへの近道に♪

☑シェーディング

・少し黄みに寄った色みのほうが肌になじみやすい
・ブラウンではなくベージュ系の色なら失敗しにくい

(左)ふんわりと軽いテクスチャー。鮮やかな発色で、頬にツヤ感をプラスする。
アスタリフト フラロッソ ルーチ ブラッシュ BE01 ¥3800/富士フイルム

(右)ゴールドパールが繊細に煌めくライトブロンズ。
ザ ブラッシュ Ibiza Dream ¥2800/アディクション ビューティ

ヘアメイク/長井かおり 撮影/資人導(vale./人物)、金栄珠(静物) スタイリング/川﨑加織 モデル/岡本あずさ 取材・文/前田美保 構成/河津美咲

《こちらもチェック!》
【ヘアメイク長井かおり】夏のイベントメイクは◯と◯の色みを合わせるとあか抜ける!

→【NEWS!】マイページにログインして、編集部セレクトの豪華プレゼントや、スペシャルイベントに応募しよう♪

関連キーワード

関連記事