日焼けで頭皮がむけた時の対処法と、シャンプーの仕方について

日焼けで頭皮がむけた時の対処法と、シャンプーの仕方について

色白美肌をキープするために、ほとんどの女性が日焼け止めを塗っているかと思いますが、頭皮については「大丈夫だろう」とレジャー先でも紫外線対策を怠り、頭皮の皮が思いっきりむけてしまった…と後悔している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日焼けによる頭皮のダメージは「冷却」と「保湿」でケア

頭皮は非常にデリケートなパーツなので日焼けしてしまうとすぐに皮がむけてしまいます。皮がむけるとフケのように見えるため不衛生な印象を与えてしまうほか、そのままお手入れを放置してしまえば最悪の場合、我慢できないような強い痛みを感じてしまう可能性も…!万が一、頭皮がむけてしまったら、次のような対処法がおすすめです。

【日焼けで頭皮がむけた時に最適な対処方法】
<すぐに冷やす>
日焼けは軽い火傷状態なのでまずはすぐに頭皮を冷やすことが大切です。氷水で濡らしたタオルを使ったり、保冷剤をガーゼやタオルに包んで冷やすようにしましょう。ただし、直接保冷剤を頭皮にあててしまうと、急激に温度が下がり頭皮に負担をかけてしまうため控えるようにしてください。

<保湿ケア>
頭皮に水分を与えることでヒリヒリ感が減少したり、皮膚のターンオーバーを整え頭皮の皮がスムーズに入れ替わりやすくなります。アルコールや美白成分を含む化粧品は刺激が強く、かゆみや痛みを感じる可能性があるので、無添加タイプのケア用品を使用するようにしましょう。

ひりひり痛む日焼け後の頭皮…シャンプーはどうするべき?

頭皮の日焼け後はシャンプーをするときも優しくいたわりながらケアするようにしましょう。

【頭皮が日焼けした時のシャンプーのポイント】
日焼け後の頭皮は非常に敏感になっているため、ひりひり痛む時はシャンプーを使用せずぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

また、赤みやひりひり感が減っても1週間前後はシャンプーの使用量も普段より減らし、できる限り薄める(※泡立ちにくい場合、泡だてネットを使用することをおすすめします)ようにすると頭皮への刺激を軽減することができます。

日焼けで頭皮がむけた時の対処法をご紹介しました。また、日頃から予防することが最も重要ですので、外出の際は帽子や日傘などのアイテムを活用しながら頭皮の紫外線対策をしっかり実践していきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事