バストアップ効果に◎「ボロン」を含む食材やおすすめのレシピ

バストアップ効果に◎「ボロン」を含む食材やおすすめのレシピ

女性であれば誰しも憧れるふっくらとした形の良いマシュマロバスト。整形という手もありますが、できれば日々の生活習慣で自然とバストアップしていきたいものですよね。そこでおすすめなのがバストアップ成分、ボロンを活用したインナーケアです。

バストアップ効果が期待できる「ボロン」とは?

ボロンは別名「ホウ素」と呼ばれるミネラル分の一種で、バストアップに役立つ女性ホルモン「エストロゲン」の血中濃度を高める働きがあります。ボロンを多く含む食材は身近なものばかりで、毎日の食生活で簡単に取り入れることが出来ます。1日あたり3mgを目安に摂取していきましょう。なお、ボロンは熱に弱いので和え物やサラダなどの料理に活用し、できるだけ生の状態で食べることをおすすめします。

【バストアップ成分「ボロン」を含む食材】
<キャベツ>
「キャベツを食べたことでバストが大きくなった!」というある女性芸能人のエピソードにより、キャベツのバストアップ効果に関心が集まりました。毎日大量のキャベツを食べるのは難しいと思いますので、イソフラボンやタンパク質を含む食材などもうまく組み合わせてより効果を高める食べ方がおすすめです。

<りんご>
りんごを1個食べることで1mgのボロンを補給することができます。

<ナッツ類>
ボロンはナッツ類の中でも特にピーナッツに多く含まれています。ただし、脂肪分が豊富で意外とカロリーも高いため食べ過ぎには注意しましょう。

<はちみつ>
はちみつにはボロン以外にもビタミン・ミネラルなど美肌に欠かせない成分も豊富に含まれています。

ボロンたっぷりのバストアップレシピ〜バンバンジー風サラダ〜

ボロンが豊富なキャベツ・ピーナッツバターを取り入れたバンバンジー風サラダのレシピです。また、バスト周りの筋肉の育成をサポートする良質なタンパク源「鶏胸肉」も合わせて加えてみました!

【バンバンジー風サラダの作り方】
<材料>
・キャベツ 1/4個
・きゅうり 1/2本
・もやし 1/3袋
・鶏むね肉 80g
・みょうが 1個

<たれの材料>
・ピーナッツバター 大さじ2
・醤油 大さじ1
・酢 大さじ1
・中華スープの素 少々
・ラー油 小さじ1
・はちみつ 小さじ1

<作り方>
1.キャベツ・きゅうり・みょうがは千切りにカットし、もやしはさっとお湯で茹でておきます。
2.鶏胸肉は3cm程の厚みにカットし、お湯で茹でます。中まで火が通ったら取り出しましょう。
3.2の粗熱が取れたら手で細く裂きます。
4.ボウルにソースの材料を全て混ぜ合わせましょう。
5.お皿に1と2の具材を盛り付け、4のたれをかけて完成です。

いかがでしたか?あなたもボロンを日々の食生活に取り入れ、理想的なバストをゲットしてくださいね!

【出典】
渡辺和彦:「農産物ミネラルと人の健康」267(2009)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/brte/20/4/20_263/_pdf
渡辺和彦:「ミネラル管理の重要性、作物と人の健康」8-9(2008)
https://www.hifa.or.jp/wp-content/uploads/2016/12/pdf1.pdf

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事