筋トレ効果を最大限に引き出す!? おすすめの食材・食べ方を伝授!

筋トレ効果を最大限に引き出す!? おすすめの食材・食べ方を伝授!

体型維持のためにジムへ足を運び、筋肉トレーニングに励んでいるという女性も多いのではないでしょうか?筋トレの効果を高めるには、日々の食事内容を見直すことも重要なポイントです。そこで今回は、筋トレ中の方におすすめの食材と食べ方をご紹介します。

筋トレ中に食べたい!おすすめの食材について

体に必要なエネルギー量が足りない状態で筋肉トレーニングをすると、筋肉量を減らしながら体力を維持しようとするため、どんなに運動をしても筋肉を上手くつけることができない状態になってしまいます。効率よく筋肉をつけるには、次のような栄養素を含む食材を積極的に食べることをおすすめします。

【筋トレ中に食べたい!おすすめの食材について】
<タンパク質>
筋肉や血液の元となるタンパク質は筋トレに必要不可欠な栄養素の一つです。良質なタンパク質を多く含む食品は鶏肉・牛肉、マグロなどの食品が代表的ですが、納豆などの大豆製品や卵、チーズ・ヨーグルトなどの乳製品からも摂取することができます。

<ビタミンB6>
タンパク質の代謝をサポートする働きがあります。ビタミンB6はニンニクやパプリカ、かいわれ大根、ゴマなどの食材に豊富に含まれています。

<亜鉛>
タンパク質の合成や疲労回復・免疫力強化に関わるミネラル分で、牡蠣やあさりなどの貝類、豚レバーや牛もも肉といった肉類に多く含まれています。

<炭水化物>
炭水化物はダイエットに悪いと控えている方もいらっしゃるかもしれませんが、不足してしまうと筋肉が減少しやすくなるため、筋トレ中はカロリーを調整しながらも欠かさず補給するようにしましょう。炭水化物はご飯やパンだけでなく、食べてすぐエネルギーに変換されやすいバナナなどの果物にも含まれています。

筋トレ中は「食べ方」にも気をつけよう!

食材と合わせて「食べ方」について知っておくとより効率よく綺麗な筋肉がつきやすくなります。

【筋トレ中の方におすすめの食べ方】
<1日3食食べる>
朝、昼、晩と毎日規則正しく食べましょう。どうしても間食をしたい場合はケーキなどのお菓子は控えるようにし、エネルギー源となる糖質を含む果物類やタンパク質を含むチーズなどを食べるようにしましょう。

<タンパク質を摂るタイミング>
運動後は成長ホルモンが活発化している状態なので豆乳やプロテインバーなどの飲み物・食べ物から素早くタンパク質を摂取することで筋肥大に繋がります。

いかがでしたか?女性らしくしなやかなボディラインをGETしたいという方は是非参考にしてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事