案外見られてる!? 忘れがちな「うなじ」ケアをして、後ろ姿美人に!

案外見られてる!? 忘れがちな「うなじ」ケアをして、後ろ姿美人に!

暑い夏はポニーテールやお団子などのアップヘアをしている方が多く見られます。ボディケアやフェイスケア、ヘアケアに力を入れていても、「うなじ」を忘れていませんか?うなじをしっかりケアして、どこから見ても美しい肌を手に入れましょう。

うなじのケアをしないと肌トラブルが起こりやすい…

うなじは自分では見る機会がほとんどない部分ですが、他人には思っている以上に見られているようです。うなじは汗をかいたり、紫外線ダメージを受けたり、洋服が擦れたり、シャンプーやボディソープの洗い残しが多いため、肌トラブルが起こりやすいとも言われています。

なにもせずに放っておくと、あせも・日焼け・ニキビ・吹き出物・乾燥などつながる可能性があるため、日常的にしっかりケアしていくことが大切ですよ。

実は簡単!美しいうなじを手に入れるケア方法

まず、うなじに汗をかいたらハンカチやタオルで優しく拭い、汗を放置しないようにしておきましょう。日焼け止めは塗りやすいジェルタイプ、うなじまでしっかり届くスプレータイプのものがおすすめです。うなじに塗った日焼け止めは汗や皮脂で流れやすいため、こまめに塗り直してくださいね。

そして、身体を洗うタイミングは髪の毛のあとにするとシャンプーやトリートメントの洗い残しを防げます。ゴシゴシ擦り洗いするのではなく、たっぷりの泡を立ててクッション代わりにするイメージで丁寧に洗っていきましょう。ぬるま湯できちんと洗い流したら、ボディローションや化粧水で保湿ケアに取り掛かります。

手のひらだと化粧水が溢れやすいので、大きめのコットンや何枚かに割いたコットンに化粧水をひたひたに染み込ませてうなじにパックするといいでしょう。コットンが乾く前に剥がして、綺麗な手のひらでハンドプレスをして馴染ませたら完了です。

また、夏は寝ている間にたくさんの汗をかくため枕カバーは毎日取り替えて、清潔な状態を保つこともポイントですよ。

毎日うなじケアを継続して、後ろ姿も美人に!

面倒に思いがちなうなじのケアですが、紫外線対策・身体の洗い方・保湿ケア・清潔な状態を保つだけなので、習慣にすれば毎日続けられるのではないでしょうか。日々のうなじケアをコツコツと続けて、後ろ姿も美人になりましょう!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事