洗顔をするときの「理想の泡」って?洗顔マスターになる方法とは

洗顔をするときの「理想の泡」って?洗顔マスターになる方法とは

肌についたほこりや汚れを洗い流す洗顔は、スキンケアの中でも欠かせない役割ですよね。「たっぷりの泡」で洗顔をしたほうがより美肌に近づけると多くのメディアで目にしますね。今回は理想の泡作りをご紹介します!マスターして丁寧に洗顔をしましょう。

洗顔をするとき、たっぷりの泡で洗うだけで乾燥しにくくなる?

洗顔料をしっかりと泡立てずに肌に乗せて擦り洗いをしていると、肌に摩擦や負担がかかりキメが乱れてしまう場合があります。ですが、たっぷりの泡で顔を包み込むように洗うと、泡が肌と手の間のクッションとなり摩擦を防いでくれるため、結果的に肌に必要な潤いを守りながら洗えると言われているのです。

美肌づくりの土台となる洗顔時の理想の洗顔泡とは?

たっぷり泡立てた濃密な泡で顔を包み込むように丁寧に洗顔をすることで、気持ちが落ち着いてリフレッシュできるとも言われているのですが、そんな理想の泡とは一体どのようなものなのでしょうか?

それは「きめ細かく弾力のある泡」「顔全体を包み込めるたっぷりの泡」「潰れにくくクッション代わりになる泡」。きめの細かい泡を立てて洗うと、毛穴の奥に詰まった汚れを吸着する力が高まり、たっぷりの泡で洗うことで、不要な汚れを包み込んで浮かし取ってくれます。また、肌の負担になる摩擦を軽減するには弾力がある泡も重要です。

手のひらで泡立てるよりも、専用の洗顔ネットをぬるま湯で濡らしてから適量の洗顔料を乗せて、くるくる円を描くように泡立てていくと理想の泡ができます。泡立ててから手のひらに乗せ、逆さまにして泡が垂れてこなければ理想的な泡の完成です。

そして、作った泡で顔全体が隠れるくらいに厚く乗せ、泡を優しく転がすイメージで洗いましょう。毛穴が詰まりやすい小鼻周りは指先で円を描くように洗い、すすぎ残しがないようにぬるま湯できちんと洗い流してくださいね。

理想の泡作りを身につければ、洗顔マスターになれる!

洗顔なんて適当に泡を乗せてさっと洗うだけでいい!と思っている方も、きめ細かい弾力のある泡を作って丁寧に洗ってみてください。肌との摩擦を軽減できたり、汚れを吸着する力が高まって自然と美肌の土台ができていくはずですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事