意外と知らないかも…収れん化粧水を使うタイミング・手順とその効果

意外と知らないかも…収れん化粧水を使うタイミング・手順とその効果

暑い夏、肌や開いた毛穴をきゅっと引き締めてくれる収れん化粧水が大人気。でも、収れん化粧水はどのタイミングで使ったらいいの?と疑問に思っていませんか?収れん化粧水を正しい手順で使って、毛穴の目立たない美肌を目指していきましょう。

夏になると使いたくなる、収れん化粧水の効果って?

暑くなると毛穴や肌を引き締めるために使いたくなる収れん化粧水は、トーニングローションなどとも呼ばれています。収れん化粧水は一般的な保湿化粧水よりも肌を引き締めることを重視して作られているため、保湿力には劣りますが「化粧崩れの防止」「毛穴や肌の引き締め」「清涼感」などを期待することができますよ。

清涼感の強い収れん化粧水にはアルコールが含まれているものが多く、暑い夏にぴったりですが、アルコールが刺激となってしまう場合もあるため、肌が弱い方や敏感肌の方は様子を見ながら使った方がいいかもしれません。

収れん化粧水を使うタイミングは、大きく分けて2通り

収れん化粧水を使うおすすめのタイミングは大きく分けて2通りあります。

【毛穴を引き締めて化粧崩れを防ぎたい場合】
洗顔→保湿化粧水→美容液→乳液を一通りしっかりと馴染ませたあと、収れん化粧水をコットンに含ませて肌がひんやりするまで優しくパッティングしていくといいでしょう。スキンケアの一番最後に収れん化粧水を馴染ませて肌を引き締めることで、テカりによる化粧崩れを防ぐことができますよ。

【毛穴を引き締める効果をより発揮させたい場合】
洗顔→収れん化粧水→保湿化粧水→美容液→乳液という手順で使うのがおすすめです。洗顔をしてすぐに収れん化粧水をつけることで、毛穴や肌を引き締める効果が高まると言われています。あらかじめ収れん化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと、より清涼感が出て暑い夏も心地よくスキンケアができるはずですよ。

どちらの手順で行う場合でも、収れん化粧水は保湿力よりも肌の引き締めに特化しているため、保湿化粧水や乳液、美容液と併用することが大切です。

なお、メーカーによって収れん化粧水の使い方や手順が異なる場合があるので、まずはパッケージに書かれた通りに使ってみてくださいね。

収れん化粧水を夏のスキンケアに取り入れて快適なお手入れを

全ての収れん化粧水にアルコールが含まれているというわけではないので、敏感肌さんや肌が弱い方はアルコールフリーの収れん化粧水を使ってみるといいでしょう。暑くてスキンケアの時間が苦痛に感じやすい夏も、収れん化粧水を取り入れて快適にお手入れをしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事