ケアをしてもなかなか解消されない毛穴の黒ずみの正体は「産毛」⁉︎

ケアをしてもなかなか解消されない毛穴の黒ずみの正体は「産毛」⁉︎

毎日丁寧にクレンジング・洗顔・スキンケアをしているにも関わらず、毛穴の黒ずみが綺麗にならなくて悩んでいる方、なにをしても黒ずみが解消されない場合は、角栓に「産毛」が詰まっているのかもしれません。適切なケアのご紹介です。

毛穴の黒ずみは、角栓に「産毛」が詰まっていることが原因かも

毛穴の黒ずみの原因は、皮脂の過剰分泌により汚れが付着すること・毛穴自体が汚れていること・角栓によるものなどが挙げられます。ですが、毎日きちんと洗顔やクレンジング、スキンケアをしている方は毛穴に汚れがつきにくいため、黒ずみの原因にはつながりにくいと言われています。

では一体なぜ、お手入れをしっかりしているのに毛穴が黒ずむのでしょうか?その原因のひとつに、産毛が角栓に詰まっていることで、毛穴が黒ずんで見えてしまうことがあるのだそうです。

角栓に産毛!? 黒ずみを解消する正しいケア

特に毛穴の黒ずみが目立つのは、鼻の上や小鼻の脇という方が多いのではないでしょうか。おでこや頬に生えている産毛は電気シェーバーなどを使えば綺麗に処理することができますが、鼻の周辺の産毛は簡単に処理できませんよね…。

本来なら産毛はターンオーバーが正常に行われていれば勝手に抜け落ちていくと言われています。しかし、毛穴の奥から分泌された皮脂と古い角質が混じり合って角栓ができ、この角栓が産毛に覆いかぶさって蓋をしてしまうと、産毛が抜け落ちずに黒くなって見えてしまうのです。

無理矢理毛抜きなどで産毛を抜くと肌が傷ついてしまうため、まずは角栓を詰まらせないケアから始めていきましょう。

角栓を詰まらせないためには「丁寧な洗顔やクレンジング」「潤いをたっぷり与えて乾燥させないこと」「紫外線対策」「ターンオーバーを促進させる生活」がポイントです。黒ずみを取り除こうとしてゴシゴシ顔を洗ったり、過度なピーリングをするのはNG。根気強く毎日しっかりと基本のスキンケアをして、毛穴の黒ずみ対策をしてみてくださいね。

産毛の処理よりも毛穴を詰まらせないことが改善への近道

ターンオーバーを整えて毛穴を詰まらせないケアを行っていくことで、自然と産毛が抜け落ちていくため、焦らずじっくりとお手入れをしていくことが大切です。 特に小鼻・あご・眉毛の間に産毛と角栓による黒ずみが発生しやすいため、この部分を意識してケアをしていくといいでしょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事