ライターが挑戦!内臓を温めて痩せやすい体を作るボディメイク体験記

ライターが挑戦!内臓を温めて痩せやすい体を作るボディメイク体験記

体が冷えていたら、よいことはひとつもない……そうわかって体を温める工夫をしているはずなのに、いつもお腹やお尻、太もも、二の腕などが冷えている私。もしかして、最近痩せにくいのは体内の冷えのせい? そう思って専門家の元を訪れてみました!
「冷え」による悪影響と改善の極意 山口勝利さん

痩せにくい体、その原因は内臓の冷えにあり!

アラフォーになると、痩せにくくなるのはなぜ……と、生活習慣を見直していたある日、「体が今までよりも冷えているのでは?」と思い当たりました。寒い日でもないのに、脂肪の多い箇所を触るといつもひんやり……思っている以上に私の体は冷えていて、そのせいで痩せにくくなっているのでは?

そんな疑問を胸に「全国冷え症研究所」の所長であり、理学博士で鍼灸師の資格も持つ山口勝利先生の元を訪れました。先生、私の体は冷えているのでしょうか?

「『手足は温かいから、自分は冷えていない』と思い込んでいる『かくれ冷え』の方は非常に多いです。体温を計ったときに、36℃台でさほど低くないと『私はそんなに冷えていない』と思いがちですが、実は私たちの体には、脇の下などで体温計を使って計る『体表面温度』と、体の内臓の温度である『深部体温』の2種類があります。『冷え』とは、この内臓温度が低い状態を指します。

体表面温度は、一日のうちでいつ計るかによってかなり変動が生じるので、実は体表面温度では冷えているかどうかはわからない。一方で、内臓温度はそれほど変化がありません。そこで『冷え』を判断するときに使うのが、深部体温の数値なのです」(山口先生)

今まで「冷え」は手足が冷たくて、寒がりな人だと思っていましたが、内臓が冷えていることを指すんですね! 内臓の温度が低いとやはり痩せにくいのでしょうか?

「内臓温度が下がると、基礎代謝の低下が起こります。ダイエットの際は、この基礎代謝のよい体であることが有利に働きます。しかし、内臓温度が1℃低下するだけで、基礎代謝は12~15%も下がってしまうのです。

さらに、内臓温度が下がると自律神経のバランスが乱れます。その結果、血液循環が悪くなったり、汗をかきにくくなったりします。その状態が続くと、むくみやすくなるほか、くすみ、めまいなどの症状が起こることもあります」(山口先生)

痩せやすい体を作るには、インナーマッスルを鍛えるのが大切

そこで気になるのが、自分の内臓の温度。山口先生が代表を務めるボディメイクサロン「Shape Lock銀座本店」では、深部体温計などを計った上で、内臓の温度を上げながらおこなうシェイプアップのプログラムが組まれているそう。一体どんな内容なのでしょうか?

「まず、深部体温や自律神経のバランスなどを調べたあとに、進化系EMSという機器を用いて電気的刺激を与えながら筋肉をトレーニングします。ここで鍛えるのは、腹横筋や多裂筋、横隔膜などのインナーマッスルです。

内臓の温度を上げるためには、運動による筋肉、とくにインナーマッスルを鍛えることが手っ取り早いです。筋肉量を上げると基礎代謝も上がるうえ、インナーマッスルを鍛えると、内臓のすぐそばで熱が生まれるので、内臓を直接温めることができます」(山口先生)

インナーマッスルは、自力では鍛えにくいところ。そこで登場するのがEMSです。もともと医療機器で、病気や怪我をした方の筋力を維持するために使われていたそうですが、近年ではエステサロンのほか、通販番組でも販売されて「貼るだけで筋トレできる機器」としておなじみです。ただし、「Shape Lock銀座本店」で使用されているのは、山口先生が開発研究をしてきた高周波の進化系EMS機器。一般のものよりも高周波で、電圧も高いのに、刺激や痛みが少ないように工夫されているそうです。

きれいに痩せるためには、深部体温や体のバランスもチェック!

インナーマッスルを鍛えることで、内臓を温めて痩せやすい体を作ることが、結果的に冷え改善につながる! 早速、「Shape Lock銀座本店」でボディシェイプコースを体験してきました。

まずは、自律神経の均衡度とストレス度、血管の健康度を測定。嬉しいことに結果は良好! 自律神経のバランスは均衡で、肉体的にも精神的にもストレスは正常、さらにストレス対処能力も普通という結果が出ました。さらに、血液循環と血管の状態も「非常によい」という結果に。

次に、腕やお腹などにセンサーのついたバンドを巻き、体のゆがみや筋肉のつき方のバランスをチェック。体のどこが柔軟で、どこの筋肉が硬くなりやすく、どこにゆがみやねじれが生じていて、どこに脂肪がつきやすいかが、全身の3D図とともに表示されます。私の場合、いつも右肩にカバンをかけているせいで右肩が下がっていて、さらに前重心で歩いているせいか前ももが硬くなっていて、股関節の動きを制限しているそう。

そのあと、いよいよ深部体温の測定です。「『深部体温』の平均値は37.2~38℃が理想的」と山口先生。じっと待つこと15分、出た数値はまさかの「35.9℃」でした。低すぎる~! 初めて私は、自分が思った以上に冷えているという現実を目の当たりにしたのでした。

進化系EMSのエクササイズでインナーマッスルを鍛えて痩せやすい体に

画像提供/Shape Lock銀座本店

いよいよ施術のスタートです。まずは先生による整体から始まります。背中や骨盤、肩を触りながら、硬い箇所やゆがみを確認してくださいます。

続いて、進化系EMSをつけてのエクササイズが開始! お腹周りに小さなパットをいくつか貼りつけ、電流を流して刺激しながら鍛えます。同時に、下半身は専用のマシンで加圧をおこないます。これは「下半身に加圧をすると呼吸筋が働き、インナーマッスルがよりトレーニングしやすいため」だそう。

以前、エステサロンでEMSを試した経験はあったのですが、今回の機器はそれよりはるかに高周波で高電圧。刺激が強くて痛いのでは……という心配も、始まってすぐに解消されました。強さを自分でコントロールできるので、痛すぎる心配はありません。内側の筋肉をつかまれて、揉みしだかれているような感覚は、痛いというよりも心地よく、気づいたら自ら強度を上げていました!

なお、眠ってしまうと副交感神経が優位になって、筋肉は適切に鍛えられないそうなので我慢。飽きないようにテレビも用意されています。

人に合わせたプログラムで、効率よく痩せやすい体を作る!

終わってから計測すると、ウエストは1cm、おへそ周りは3.5cm、下腹部は3cmマイナスになっていました。さらに整体の効果で、骨盤の傾斜も正され、立っているときの姿勢が今までより楽に。しかも、お腹を触るとポカポカします。

「プログラムの内容は、その人によって異なりますが、まずはインナーマッスルができあがらないと、どんなにアウターの筋肉を鍛えても偏った筋肉のつき方になってしまう。ですから、まずは進化系EMSでインナーを鍛え、そのあとにマシンを使ったアウターの筋トレも加えて、数ヶ月かけて痩せやすい体を作っていきます。もちろん、それにつれて内臓の温度も上がっていくので、冷え改善につながります」(山口先生)

実は私、取材後にプライベートで「Shape Lock銀座本店」に通い始めました。回数や日によってメニューは異なり、脂肪に働きかけて皮膚を柔らかくする「キャビテーション」が入ることもあれば、トレーナーの指導のもとでマシンでの筋トレが入ることもあります。ただ、整体に加え、下半身を加圧しながらのEMSは、毎回必ず入ります。さらに私は、オプションをつけて二の腕もEMSでトレーニングしています。少しずつ筋肉がついてくるのが感じられ、歩き方や姿勢にも気を配るようになりました。

お値段は「ボディシェイプコース」が1回9000円(税別)ですが、3回と7回チケットがあり、そのほうが1回分の料金はお得です。継続して通おうと決めたので、私は最初に7回チケットを購入しました。冷えとシェイプアップが気になる方、一緒に体験してみませんか? ※料金は2018年8月22日現在のもの(変更の場合あり、訪問時はHPなどで事前に要確認)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
山口 勝利さん
Shape Lock代表 柔道整復師 鍼灸師 全国冷え症研究所所長

関連記事