え、ビールで美肌に?知られざるビールの美容、健康効果をご紹介!

え、ビールで美肌に?知られざるビールの美容、健康効果をご紹介!

居酒屋に入ったら、「とりあえずビール」という人は少なくないでしょう。それだけはじめの一杯は美味しいですし、日中仕事を頑張った自分へのご褒美とも言えるでしょう。そんなビールに、実は健康効果や美容効果があったことをご存知でしたか?

【ビールの美容効果】健康に気遣えばおのずと美は見えてくる

ビール大好き!そんな人に朗報です。実はビールには健康効果があったのです!ビールには消炎効果があるので、善玉コレステロール値を上げて心臓の病気に抵抗する働きがあるのだそう。

また骨の密度を上げる「ケイ素」というミネラルが含まれていて、骨粗しょう症の予防はもちろん、更年期障害の症状も和らげる効果があるのだとか。

さらにビールの主成分「ホップ」にはキサントフモールというポリフェノールの一種が含まれていて、これがガンの予防に働くのだと言われています。

特に嬉しい効果が、免疫力のアップ。風邪など移されやすいものから体を守る力がアップします。

さまざまな健康効果がありましたが、次は美肌などの美容効果について見ていきましょう。

【ビールの美容効果】豊富なビタミンによってキレイになれる?

健康効果については、栄養素などを紐解くことで理解できますが、ビールの美肌効果と聞いても、ちょっと疑ってしまいますよね。

たとえばわかりやすいのがデトックス効果。ビールにはカリウムが含まれているため、強力な利尿作用によって老廃物の排出が活発になります。

さらに注目したいのは豊富に含まれているビタミンB群。なかでもビタミンB2はタンパク質や脂質の代謝を助ける働きがあり、健康な皮膚や髪、爪などを保ちます。

またビールには女性ホルモンの働きに似た「フィストロゲン」という成分が含まれています。ホルモンバランスの乱れからくる肩こりや冷え性、さらにはお肌の老化なども、この成分によって予防する効果が期待できます。

「そんなに美容効果があるならガブガブ飲めるじゃん!」と言いたいところですけど、飲み過ぎは厳禁。この健康や美容効果を引き出すには適量を守ることがとても大切です。

飲み過ぎは利尿作用が進みすぎて、かえって体内の水分量が減ってしまいます。そうするとお肌も乾燥してしまい、結果肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしかねないのです。

適量を守って、肝臓もしっかり休ませてビールを楽しみましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事