夏の日焼けに注意!肌のターンオーバーの乱れは紫外線が原因!

夏の日焼けに注意!肌のターンオーバーの乱れは紫外線が原因!

夏も中盤に入ると、すっかり日焼けした人たちの姿も多く見られますよね。でもその日焼けはお肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌荒れなどの肌トラブルの原因になるのです。日焼けはほどほどに紫外線対策をしっかりしましょう。

肌荒れの原因は紫外線による日焼けだった!

肌荒れの主な原因はお肌のターンオーバーの乱れと言われています。このターンオーバーの乱れは紫外線によって引き起こすケースがとても多く、夏場はどうしてもお肌のターンオーバーが乱れがち。

また紫外線を浴びると、余分な角質が出てきて毛穴が詰まりやすい状態になります。皮脂が排出できずにニキビができやすくなるのだそう。さらにそんなニキビができてしまった状態に紫外線を浴びてしまったら、酸化した皮脂が毛穴を刺激してニキビをどんどん増やしてしまうのです。

また、一度日焼けをしてしまうと、なかなか簡単には戻せませんので、できるだけ日焼けをしないというのがお肌への最大の配慮。外見上はシワなどなくても、数年したら出てきてしまうほか、皮膚ガンなどの疾患の可能性もあるので、必要以上に日焼けしないことも重要です。

日焼けをしてしまったら、濡れタオルなどで幹部をしっかり冷やすことも大切です。掻いたり、刺激を与えることはできるだけ避けましょう。

紫外線から肌を守ろう!日焼け止めの選び方は?

紫外線には、お肌の真皮層まで届くUVAと表面まで届くUVBが存在します。いずれの対策もとにかく日焼け防止。外出時は必ず日焼け止めクリームを塗ってから外出するようにしましょう。

日焼け止めの選び方にも注意が必要です。SPFはSun Protection Factorの略で、数値が高いほど夏の強力な紫外線UVBを防ぐ効果が期待できます。

またPAはProtection Grade of UVAの略で、真皮層まで届いてしまうUVAを防ぐ働きが期待できます。こちらはPA+++などで表記されていて、+が多いほどUVA防止の効果が強力になります。

日焼け止めクリームを使い分けて、できるだけ紫外線を受けないように気をつけましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事