肌の弾力を支えるコラーゲンの減少を防ぐ方法

肌の弾力を支えるコラーゲンの減少を防ぐ方法

年齢を重ねるにつれて、肌のハリや弾力が低下してシワやたるみなどの悩みが出てきます。シワやたるみは、真皮にあるコラーゲンが減少することが大きな原因でもあるため、肌に弾力を与える「コラーゲンの減少」を予防していきましょう。

弾力肌を保つコラーゲンは年齢を重ねると減る!

20代の頃は気にならなかったのに、歳を重ねるにつれて乾燥しやすくハリや弾力がなくなってきたかも…と悩む方は少なくありません。肌に弾力やハリを与えるコラーゲンは、紫外線や加齢などによりどんどん減っていくと言われています。コラーゲンが減ると、ほうれい線やゴルゴライン、シワなどが目立ってしまうことも…。ハリに満ちた若々しい肌を保つためにはコラーゲンを保つことが欠かせません。

コラーゲンの減少を防いでハリのある肌をキープする方法とは?

コラーゲンが減るのを防いで弾力のある肌をキープするには、3つのケアがポイントです。

まずは、季節に関係なく紫外線対策をすること。紫外線は秋や冬も関係なく降り注ぎ、コラーゲンが存在する真皮まで影響を及ぼします。大量に紫外線を浴びることによってコラーゲンを破壊するとも言われているため、1年中日焼け止めを使って肌を守りましょう。出かけるシーンや外にいる時間などによって、日焼け止めを使い分けることをおすすめします。

そして、スキンケア。毎日何気なくしている洗顔やクレンジング、保湿ケアといった基本のスキンケアはかなり大切です。擦らない洗顔とクレンジング、肌がひんやりするまでしっかり化粧水を馴染ませて、ハリを与える美容液を取り入れるのも効果的。乾燥やハリ不足を感じている場合は、寝ている間に美容成分をじっくり届けるナイトクリームを使うのもいいですね。

最後はインナーケア。コラーゲンの減少を防ぐには、毎日の紫外線対策やスキンケアにプラスして、コラーゲンが豊富な食材やドリンクを取り入れていきましょう。コラーゲンを摂取するときには、ビタミンCを一緒に摂ると相乗効果を期待できると言われていますよ。さらにストレスを溜めないことや、質の良い睡眠をたっぷり取って身体の中からケアしてあげることも重要です。

簡単なケアでコラーゲンを減らさずにハリ肌へ!

肌の弾力を保つために欠かせないコラーゲンは、紫外線対策・スキンケア・インナーケアといった簡単なお手入れで減少を防ぐことができます。将来シワやたるみに悩む前に、できることから取り入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事