そのニキビ「顔ダニ」が原因かも!? おすすめの予防方法について

そのニキビ「顔ダニ」が原因かも!? おすすめの予防方法について

ニキビ専用の洗顔フォームや化粧水でしっかりお手入れをしているにも関わらず、なかなかニキビが解消されない…と悩んでいませんか?もしかするとそのニキビは顔ダニが原因かもしれません。今回は顔ダニが発生する原因と予防方法についてご紹介します。

顔ダニって何?発生する原因は何?

顔ダニとは皮脂腺や毛根に住んでいるダニのことで、一般的にはニキビダニや毛中包とも呼ばれているそうです。顔ダニと聞くと良いイメージは全く浮かびませんが、実は悪さばかりしているわけではありません。皮膚常在菌と同じような役割があり、適正な数さえ保てば美肌の味方をしてくれるそうです。

しかし、肉眼では見えにくいため、ケアを怠り異常発生してしまうと強いかゆみやニキビ・吹き出物を引き起こしてしまう可能性も!まずは、顔ダニが異常発生する原因についてチェックしていきましょう。

【顔ダニが異常発生する原因は何?】
<皮脂>
顔ダニはソファや布団に生息するダニとは全く異なるもので、高温多湿の環境で増殖するわけではありません。顔ダニは主に私たちの皮脂をエサと増殖するため、普段から皮脂分泌を抑える生活が鍵となります。フライドポテトや唐揚げといった脂肪分を多く含む食材は、皮脂分泌が増える原因にもなってしまうため、スキンケアだけでなく食事内容にも注意しましょう。

<不潔な生活習慣>
メイクを落とさないままそのままベッドに直行するなど、肌が清潔ではない状態で長時間過ごしてしまうと皮脂が毛穴の中に溜まり、顔ダニが増えやすくなります。

肌トラブルを招く顔ダニの異常発生を予防する方法

顔ダニの予防法は意外と簡単にできるものばかりです。心当たりがある方は参考にしてみてくださいね。

【顔ダニの異常発生を予防する方法】
<清潔な肌を維持する>
顔ダニを予防するには、毎日クレンジングや洗顔を行い、清潔な肌を維持することが大切です。クレンジングは、肌に優しい無添加のジェルクレンジングなどを使用することが望ましいのですが、どうしても面倒な場合は、クレンジングシートなどで一日の終わりに必ずメイクをオフするよう心がけましょう。

<睡眠時間をしっかり確保する>
睡眠不足は男性ホルモンを活性化し、皮脂分泌を促すことに繋がります。最低でも6〜7時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。

顔ダニを殺菌するためにと洗浄力の高い洗顔フォームで一日に何度も洗顔すると返って皮膚トラブルを引き起こす可能性があります。肌を清潔に保つには、丁寧なクレンジングや洗顔を心がけ、日々の積み重ねで予防しましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事