バターコーヒーで本当に痩せる?バターコーヒーダイエットの正しい作り方

バターコーヒーで本当に痩せる?バターコーヒーダイエットの正しい作り方

朝食の代わりにバターコーヒーを飲むだけという、とても簡単な方法で痩せると人気のバターコーヒーダイエット。どういった効果があるのか、本当に痩せられるのか、とても気になるところですね。今回はそんなバターコーヒーの秘密に迫りました。

バターコーヒーダイエットって一体なに?

バターコーヒーダイエットは、グラスフェッドバターを入れたコーヒーを朝食の代わりに飲むという、とてもシンプルなもの。バターコーヒーを朝食の代わりに飲むことで、体が脂肪を燃焼するモードになります。その結果、脂肪の燃焼が促され、体重の減少につながるという仕組みです。

これはアメリカ・シリコンバレーのIT起業家であるデイヴ・アスプリー氏が著書で紹介し、世界中で大流行したダイエット方法。バターコーヒーの正式な名称は「バレットプルーフ・コーヒー(Bulletproof Coffee)」といい、ほかにも「防弾コーヒー」、「完全無欠コーヒー」と呼ばれることもあります。

比較的短期間で効果が現れるため人気が高いダイエット方法ですが、なぜIT起業家であるアスプリー氏がバターコーヒーダイエットを考案し、著書で紹介したのでしょうか。

体重の管理と健康な身体、パフォーマンス向上を求めて

体重が150kgもあったアスプリー氏は、体重を減らして健康になるための方法を探したとのこと。しかしアスプリー氏はただ痩せることだけを目的としていませんでした。そこが「バターコーヒーダイエット」が他のダイエット法とは少し違うところです。

アスプリー氏は自身の体重を減らして健康的になり、さらには仕事のパフォーマンスを上げるという目的がありました。そこで世界中のダイエット法や食材を試し、模索し、たどり着いた方法がこの「バターコーヒーダイエット」だったというわけです。

バターコーヒーダイエットでアスプリー氏が得たもの

バターコーヒーとともに適切な食事法を取り入れることで、150kgあった体重がなんと50kg以上も減ったというアスプリー氏。肥満によるパフォーマンス低下や健康の悩みも解決したのだそう。それだけではなく、なんとIQが20もアップしたとのことですから驚きですね。

バターコーヒーダイエットの効果とは?

バターコーヒーを朝食の代わりに飲むことで、一体どんな効果が得られるのでしょうか。本当にアスプリー氏のように痩せて、IQまで上がるのかとても気になりますね。バターコーヒーダイエットで得られる効果にはどんなものがあるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

コーヒーのカフェインが交感神経を刺激、代謝や集中力をアップ!

バターコーヒーに含まれるカフェインには、交感神経を刺激する働きがあります。交感神経が刺激されることで代謝が上がり、エネルギー消費量の増加が期待できます。お湯やカフェインレスコーヒーを飲んだあとよりも多いエネルギー消費量で、カフェインの作用が代謝をアップするのに役立っていると言われています。

また交感神経が刺激されることで体が活動的になり、集中力もアップするという効果が期待できるようです。またカフェインは、摂取すると眠気が飛ぶという覚醒作用もあります。代謝アップや集中力アップに加え、覚醒作用もあることで、仕事や作業へのパフォーマンスアップも期待できますね。

コーヒーに含まれるポリフェノールで脂肪抑制とアンチエイジング

コーヒーにはポリフェノールが豊富に含まれているため、抗酸化作用があることにも注目したいですね。とくにクロロゲン酸類というポリフェノールは、脂肪の吸収を抑制する働きがあります。ダイエット効果が期待できると同時に、成人病の予防やアンチイジング効果も期待できます。

バターの不飽和脂肪酸がコレステロールや中性脂肪を排出

バターコーヒーダイエットでは「グラスフェッドバター」を使用します。グラスフェッドバターには不飽和脂肪酸が多く含まれており、血中のコレステロールや中性脂肪を排出する働きが期待できます。健康な体を維持するためには。コレステロールや中性脂肪が気になるもの。ダイエットをしながら対策ができるのは嬉しいですね。

朝食代わりにバターコーヒーでカロリーダウン

朝食代わりにバターコーヒーを摂取することで、大幅なカロリーダウンが期待できます。バターコーヒーのカロリーは、一杯あたりおよそ200~240kclほどしかありません。

朝食の平均的な摂取カロリーは500~600kclほど。そして30代~40代女性の一日のカロリー摂取量目安は2000kclとされていますから、バターコーヒーのカロリーが低いことは、大きなダイエット効果が期待できそうです。

バターコーヒーダイエットの正しい方法とやり方を解説!

バターコーヒーダイエットは、その効果を最大限に発揮するために正しい方法でおこなうことをおすすめします。ただ単純にバターコーヒーを朝食代わりにするのではなく、食事の間隔なども意識しましょう。

朝食の代わりにバターコーヒー

すでにお伝えしているとおり、朝食の代わりにバターコーヒーを摂取します。このとき、後述する正しい作り方で作ったバターコーヒーを摂取するようにしましょう。バターコーヒーにに使うMCTオイルのおかげで腹持ちがよく、昼食までお腹が空きすぎて困るということはないでしょう。

夕食から次の食事まで16時間空ける

バターコーヒーは、食事を摂る時間を意識する必要があります。基本は「夕食後、次の食事まで16時間空ける」こと。これは夕食を19時に食べた場合、次の食事ができるのは翌日の11時という計算です。

夕食から16時間後に食事とは言っても、その食事は「昼食」になります。つまり、その前に「朝食の代わり」としてバターコーヒーを摂取するのです。バターコーヒーは食事として考えません。

昼食と夕食の食事制限はありませんが、暴飲暴食は避け、栄養バランスのいいものを食べることが望ましいでしょう。

昼食と夕食は6~8時間以内に終わらせる

夕食から翌日の昼食までを16時間空けるためには、昼食と夕食を8時間以内に食べる必要があります。先に毎日の昼食時間を決めて、そこから8時間後に夕食が終わるように計画を立てれば、「夕食から16時間後に次の食事」というサイクルがうまく回るようになりますよ。

バターコーヒーの正しい作り方を解説!

バターコーヒーは、ただ単にコーヒーにバターを混ぜるだけではありません。正しい作り方を知って、バターコーヒーダイエットの効果をしっかりと得られるようにしましょう。

バターコーヒーを作るために必要な材料は?

まずはバターコーヒーを作るための材料から見ていきましょう。

・コーヒー(1杯)
・グラスフェッドバター(大さじ1杯:10g)
・MCTオイル(大さじ1杯)

用意する材料は、この3種類のみ。分量もわかりやすく、簡単に覚えられますね。

コーヒーはできれば「カビ毒」がないコーヒー豆を選びたいところです。販売しているお店は少ないですが、インターネット通販でも手に入りますよ。どうしても手に入らない場合は、管理がよく行き届いたお店で上質なコーヒー豆を購入してもいいでしょう。

朝は忙しかったり、コーヒーメーカーがなかったりと、ドリップコーヒーを作れないケースもあるでしょう。そんなときは、上質な豆を使用したインスタントコーヒーでもOKですよ。上質なコーヒー豆は少し値が張りますが、朝食にかかっていた食費を考えるとそれほど気にならないのではないでしょうか。


また「グラスフェッドバター」や「MCTオイル」は、身近なお店にはなかなか置いてありません。しかしこれらも、インターネット通販で入手することができます。

レシピ以外の材料は使っていいの?

とてもシンプルなレシピですが、砂糖が入っていないことが気になったり、ミルクが欲しいと感じることもあるでしょう。しかし、レシピにある材料以外は使わないようにしてください。脂肪の燃焼が妨げられたり、血糖値が上昇したりと、バターコーヒーの効果に影響を与えてしまうと言われています。

バターコーヒーの正しい作り方は?

バターコーヒーを作るためには、難しい手法は必要ありません。すぐに覚えられますので、しっかりマスターしましょう。

1.コーヒーを淹れる

まずはコーヒーを淹れます。できればドリップコーヒーが好ましく、上質の豆を使用するようにしましょう。

2.グラスフェッドバターとMCTオイルをコーヒーに入れて攪拌する

コーヒーを淹れたら、分量どおりのグラスフェッドバターとMCTオイルを入れて攪拌します。攪拌するとき、スプーンで簡単に混ぜ合わせるのではなく、ブレンダーを使うようにしましょう。

ブレンダーはハンドブレンダー・ハンドミキサーで構いません。大切なのは、コーヒーとバター、そしてオイルをしっかりと攪拌すること。しっかりと攪拌すると、全体的に明るい茶色になりますよ。

バターコーヒーダイエットをするときの注意点

バターコーヒーダイエットの効果を最大限に得るためには、いくつかの注意点があります。これを怠ると、効果が大幅に減ってしまうことに。ではどんなことに気をつければいいのでしょうか。

バターコーヒーには必ずグラスフェッドバターを使う

バターコーヒーに使うバターは、「グラスフェッドバター」でなくてはなりません。グラスフェッドバターとは、牧草だけで育った牛の乳を使用して作られたバターです。牧草だけで育った牛の乳から作られるバターには、豊富な「不飽和脂肪酸」が含まれていると言われています。

不飽和脂肪酸が多いということは、中性脂肪やコレステロールの排出・減量への大きな効果も期待できるということ。そのため、グラスフェッドバターがバターコーヒーには欠かせないのです。

バターコーヒーには必ずMCTオイルを入れる

MCTオイルもバターコーヒーには欠かせない存在。MCTオイルとは、中鎖脂肪酸100%のオイルのこと。消化吸収に優れ、エネルギーになりやすく、脳にも栄養補給をしてくれるということで注目・期待されているオイルです。空腹感を感じにくく、食欲を抑えるということにもつながるため、朝はバターコーヒーだけでも腹持ちがいいんですね。

同じように中鎖脂肪酸を含むオイルにココナッツオイルなどがありますが、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルには敵いません。バターコーヒーダイエットの効果を最大限に発揮するには、MCTオイルを使うことが好ましいでしょう。

グラスフェッドバターとMCTオイルは、一日の摂取量に注意!

ダイエット効果が期待できる、グラスフェッドバターとMCTオイル。しかしたくさん使ってしまうと、大幅なカロリーアップで逆効果になってしまうので注意が必要です。

グラスフェッドバターの場合、商品によってはバターコーヒーに必要な10gあたりおよそ100kclになってしまうことも。さらにMCTオイルは、大さじ一杯あたりおよそ135kclもあります。多めに入れたくても、グラスフェッドバターは20gほど、MCTオイルも大さじ2杯程度までに抑えておくようにしましょう。

まとめ

代謝や集中力をアップさせるだけではなく、ポリフェノールや不飽和脂肪酸、中鎖脂肪酸など、健康やダイエットにいいとされている成分がふんだんに含まれているバターコーヒー。すぐに覚えられる簡単なレシピと、大きな食事制限がないのは本当に魅力的ですよね。

バターコーヒーの効果を最大限に引き出すためには、正しいレシピと方法でおこなう必要があります。しっかりと取り組んで、素敵なボディと健康を手に入れてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事