アイシャドウが二重の溝に溜まるのは、スキンケアが原因かも?

アイシャドウが二重の溝に溜まるのは、スキンケアが原因かも?

目を大きく、艶っぽく見せてくれるアイシャドウ。朝しっかりアイシャドウを塗れていても、日中鏡を見ると二重の溝に溜まっていた…!という経験はありませんか?アイシャドウが二重の溝に入り込むのを防ぐには、スキンケアの見直しが大切です。

二重幅にアイシャドウが溜まりやすいのが悩み…

目元をキラキラに引き立ててくれるアイシャドウですが、二重の幅にアイシャドウが溜まってしまうと見栄えが悪くなってしまいますよね。アイシャドウが二重の幅に入り込みやすいのは、スキンケアをしたときにしっかり馴染んでいない可能性があります。そこで、より美しくアイシャドウを付ける方法をご紹介します。

アイシャドウをきれいに保つには、ベースケアをしっかりと

乾燥を防ぐためにも欠かせないスキンケアですが、朝忙しくて化粧水や乳液、クリームなどを適当にささっとつけてスキンケアを終わらせていませんか?特に乳液やクリームがきちんと肌に馴染んでいないと余分な油分が肌の表面に出てきてアイシャドウのヨレや二重幅に溜まる原因になってしまいます。

きちんと指の腹で馴染ませるか、コットンに含ませた乳液を使えば付けすぎを予防できておすすめです。スキンケア後2〜3分経ったらティッシュやスポンジでまぶたを抑えてサラサラな状態にしておきましょう。また、リキッドタイプの液体ファンデーションを使うときにも、まぶたにしっかり馴染ませておくことが大切です。

そのままアイシャドウをつけるよりも、アイシャドウベースやクリームアイシャドウを下地として塗っておくと密着度が高まってヨレや崩れを防げます。汗をかきやすい方は、その上におしろいやフェイスパウダーを薄くのせてから、アイシャドウを付ける方法がおすすめですよ。

アイメイクが完成したら、小さく丸めたコットンやティッシュを二重幅に沿うようになぞって余分な粉を取っておくとより二重幅にアイシャドウが溜まりにくくなります。

それでも二重幅に溜まってしまう場合には、パールやラメ入りの明るめのキラキラアイシャウを指の腹やチップに取り、アイホールの中心にぽんぽんと乗せると目立たなくなるのでぜひ試してみてくださいね!

スキンケアとアイシャドウの一手間でより美しい目元へ

また、アイシャドウは密着度の高いクリームタイプ、粒子の細かいパウダータイプを選ぶといいでしょう。スキンケアをきちんとしたらしっかり馴染ませて、ティッシュで余分な油分を取ったあと、アイシャドウベースを使ってからアイメイクに取り掛かるだけでだいぶ仕上がりや持ちが良くなるはずですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事