汗が止まらないお風呂上がり…最適なスキンケアのタイミングは?

汗が止まらないお風呂上がり…最適なスキンケアのタイミングは?

暑い夏のお風呂上がりは汗がにじみ出て、スキンケアどころではないという方も多いのではないでしょうか。しかし、汗を乾かそうとしてエアコンや扇風機に当たっていると、肌が乾燥してしまいます。そこで、汗だくでもストレスフリーのスキンケア方法をご紹介!

汗が止まらないお風呂上がり…スキンケアはどうするべき?

気温の高い日や、しっかり浸かった後のお風呂あがりは、汗が止まらないなんてことはありませんか?止まらない汗の肌に化粧水を馴染ませても意味がなさそう…と、なにもつけずに汗が引くのを待ったり、エアコンや扇風機の前にいるのは禁物です。お風呂から出たあとの肌は、急激に乾燥しやすい状態であるため、できるだけ素早くスキンケアに取り掛かることが大切なのです。

お風呂上がりはプレ化粧水を使った保湿でひんやりと

汗をかいたまま化粧水をつけても、汗と化粧水が混ざり合って浸透しにくくなってしまいます。かといって汗を引かせてから化粧水をつけると、既に乾燥が進んでいる可能性があるので、タオルやハンカチで優しく抑えるように汗を拭き取ってから、冷蔵庫で冷やしておいたミスト化粧水や収れん化粧水をつけて肌をひんやりとクールダウンさせましょう。

冷やしたミスト化粧水や収れん化粧水で肌に潤いを与えつつ、皮膚の温度を下げたら、通常のスキンケアに取り掛かります。肌はひんやりしていても汗が止まらない…という場合には、タオルで包んだ保冷剤や冷やしたペットボトルを首の後ろと脇の下に当てることで汗が引いていきますよ。忙しいときには、半分にカットした冷却ジェルシートを首の後ろと脇の下に貼り付けておけばOKです。

特に気温の高い夏日は、化粧水だけでスキンケアを完了させている方も少なくないはず。ですが、紫外線やエアコンの乾燥、汗や皮脂が多く分泌されることなどにより、肌に大きなダメージが加わっています。そのため、化粧水だけで終わらせるのではなく、美容液・乳液やクリーム、さらにはスペシャルケアとしてシートマスクを取り入れつつ、肌に必要な水分と油分のバランスを整えることがポイントですよ!

お風呂上がりのスキンケアを快適に

汗だくの状態でスキンケアをしても、ベタつきが気になったり、化粧水がきちんと浸透しないため、まずは冷やしたミスト化粧水や収れん化粧水で肌をクールダウン・保湿してあげてくださいね。まだまだ暑い夏が続きますが、ストレスを感じにくい快適なスキンケアをして美肌をキープしていきましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事