ツラい夏バテから解放!心と体が元気に整う、ストレッチ♪

ツラい夏バテから解放!心と体が元気に整う、ストレッチ♪

夏の室内と室外の気温差はなんと10℃以上! 体温調整が難しいこの時季は、徐々にストレスが溜まり、気付けば体のだるさが抜けない夏バテ状態に…。そこ...

夏の室内と室外の気温差はなんと10℃以上! 体温調整が難しいこの時季は、徐々にストレスが溜まり、気付けば体のだるさが抜けない夏バテ状態に…。そこで今回は、暑い夏を身も心も軽やかに乗り切るための、とっておきのストレッチをご紹介します。

夏バテの原因は“室内と室外の温度差”

Licensed by Getty Images

太陽が容赦なく照りつけてくる8月。長時間外にいるときは熱射病にも注意が必要ですが、夏に一番気をつけなければいないのが「室内と室外の温度差」です。冷房をつけている室内が25℃、一歩外に出たらあっという間に35℃。
私たちは、10℃以上の気温差の場所を1日のうちに何度も行ったり来たりして、気づかないうちに自分の体にものすごいストレスをかけてしまっているのです。

以前の記事でも触れましたが、人間の体には「恒常性」という機能があって、外の気温が変わっても体内温度は36℃前後で保たれるように、体が自動的に調整してくれています。暑いところから涼しいところに移るときは、体温が上がりすぎないように汗をかいて体を冷やそうと恒常性が働いているのに対して、突然冷房が効いた部屋で体の表面が冷やされてしまうので、必要以上に体が冷えてしまう。逆に涼しいところから暑いところに移るときは、体温が下がりすぎないように体内を温めようと恒常性が働いているのに対して、突然体温と同じくらいの暑さに包み込まれて、体が一気にのぼせ上がってしまう。

こういうストレスの繰り返しが “夏バテ” の原因のひとつになっているので、体温調整の大きな起伏(ムラ)がないように整えていくことが、夏バテ解消に効果的です!

ストレッチで体を温め、全身の温度を均質に

Licensed by Getty Images

人間は寝ている間に熱を外に放出するため、起き抜けの朝が一番体温が低いといわれています。また、夏は冷房の効いた部屋にいる時間も多いので、室内にこもっている時間も体の表面が必要以上に冷やされて、体全体で温度にムラがある状態になっています。

夏バテの原因である温度調整のムラを抑えるためには、1日のうちで体温が下がりやすい「起き抜けの朝の時間」と「日中の室内にいる時間」に意識してストレッチを行い、体を内側から温めてあげるのが効果的です!

ストレッチを行うことで全身の温度が均質になるので、起きてすぐでも体が軽やかに感じられたり、涼しい室内で固まってしまった体がほぐれていくのを感じられると思います。

朝は、気持ちよく全身を目覚めさせるために、背骨や背中を中心に動かしていきましょう。オススメは、背中を伸ばす「ネコの伸びのポーズ」。ベッドの上でもできる簡単なものなので、起きてすぐにぜひ行ってみてください。

文/中川瑞穂

関連キーワード

関連記事