メイク崩れを防ぐには、前日の夜のスキンケアを念入りにするべし!

メイク崩れを防ぐには、前日の夜のスキンケアを念入りにするべし!

メイク前のスキンケアをきちんとしているのに、すぐにベースメイクが崩れてしまうという方は前日の夜のスキンケアを見直しましょう。夜のうちからきちんとスキンケアをしておくことで、翌朝のベースメイクのノリがぐんと良くなるはずですよ。

前日の夜のスキンケアでメイク崩れを防ごう

メイク前に行うスキンケアももちろん大切ですが、前日の夜にきちんとメイクや皮脂汚れを落として、たっぷりの潤いを与えておくこともポイントです。朝起きて肌がカサカサに乾燥していて焦ってしまうのを避けるためにも、前日の夜にじっくりとお手入れをしていきましょう。

メイク崩れを防ぐためには前日のスキンケアでキメを整えて!

肌のキメが粗いと、光がうまく反射されずにくすんで見えたり、皮溝の幅がくっきりとして毛穴が目立ってしまう場合があります。さらに化粧ノリが悪くなり、粗いキメにファンデーションが入り込んでメイク崩れの原因に…。乾燥していると肌のキメが粗くなってしまうため、潤いをたっぷり与えて肌のキメをふっくらとさせましょう。

まず、クレンジングをする前にホットタオルやスチーマーで汚れを浮かせて、その日のうちにメイクや皮脂汚れを落としていきます。擦らないように気をつけて、優しく丁寧にクレンジングと洗顔をしてくださいね。

化粧水は手のひらに出して温めてから包み込むように3〜4回に分けてつけていくのがコツ。きちんと馴染んだのを確認したら美容液や乳液、クリームをつけましょう。保湿効果の高いシートマスクを取り入れるのもおすすめです。

前日の夜にじっくりとスキンケアをしておけば、朝起きたときにしっとりふっくらとした肌になっているはず。朝も同様にきちんと保湿ケアをしたら、綺麗なスポンジで余分な油分を抑えておきましょう。残暑で暑い日は、スキンケアの最後に冷蔵庫に冷やしておいた収れん化粧水を優しくパッティングして毛穴を引き締めるのも効果的ですよ。

ファンデは水を含ませて薄く塗るとメイク崩れ予防に

スキンケアをきちんとして肌の土台を整えておけばキメが整って素肌が綺麗に見えるため、ファンデーションは薄く塗っていくといいでしょう。水ありでも使えるパウダーファンデーションの場合、水を含ませて絞ったスポンジで肌につけていくと密着しやすくなって崩れにくくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事