お高め&プチプラコスメを使い分け!美容賢女の結論~GINGER読者のリアル報告

お高め&プチプラコスメを使い分け!美容賢女の結論~GINGER読者のリアル報告

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな...

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載! 今回のテーマは、High&Lowコスメ。毎日使うコスメは賢く選びたいもの。気分もあがる上質なデパコスと、お値段以上の実力を発揮してくれるプチプラコスメを上手に使い分けて、美人顔を手に入れましょう!

【三浦泉さん/写真左】お気に入りリップの使い分けで24時間美唇をキープ

アラサーになってプチプラコスメはどうなのか・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、オペラのリップはプチプラと思えないほど、本当に優秀♪ というわけで、リップティントが6月に限定発売されたのでゲットしてきました! 限定色はピンクとレッドの2色あり、ピンクは青みがかって素敵でしたが、肌に馴染んだレッドをチョイス。多彩なラメがちりばめられたシアーなレッドで、派手になりすぎない赤です。

10分ほど経つとティントが定着して自分だけのオリジナルの色味が楽しめます。なので、色の出方は付け方で次第で自由自在なのです。まるでパレットで絵の具を塗っているかのように、メイクをする楽しさも魅力的!  パーソナルカラーだとイエローベースの方が似合うと思います♪
デイリー使いにぴったりで、お値段はなんと約¥1,200とハイコスパ! ポーチに必ず入れておきたいリップです。

そして、デパコスで大好きなブランドのひとつがジルスチュアートのコスメたち。

写真左のオイルティント03番は、非常に落ちにくいので、ディナーなどお出かけのシーンでも大活躍!
写真中央のジェリーアイカラー06番は、ナチュラルなピンクでラメのきらめきが夏の日差しに反射して今の季節にもぴったり!

そして、こちらはおまけですが、写真右の限定フレグランス UVカットスプレーはジューシーなお花とフルーツの香りでテンション上がります!  甘すぎかい香りも嬉しい♪ これでしっかり紫外線対策もできますね。

美肌の秘訣 はまずはストレスを溜めず自分らしく生きること!
そしてお気に入りのコスメに囲まれて心地よく 美意識や感性を磨くのが一番です。
大好きな人や物に囲まれていると脳の働きで、自然に肌ツヤも良くなっていくような、そんな気がします♡

美GINGER NO.005 三浦泉
ピアニストとして活躍しながら、多くのメディアで読者モデルとしても活動。整理収納アドバイサー1級を取得し、DIYはお手のもの。インスタグラムはこちら

【長石朝美さん/写真右】ツヤと潤いを与えるハイライトで憧れの光輝肌へ

ハイライトはベースメイクにとって、とても大切な工程で、簡単に美肌見えを叶えてくれる大事なアイテムです。そこで、今回ご紹介するのはエクセルのシャイニーパウダーとトムフォード ビューティーのイルミネイティングネイキッドハイライトペンです。

このふたつを使って、エクセルのパウダーでツヤ感と透明感を、トムフォードのリキッドペンで明るさと立体感をいつものメイクにプラスします。

エクセルのハイライトパウダーは、ひとはけできれいなツヤ感と透明感が出せます。細かい粒子の中に繊細なラメがギッシリ入っているので、肌に溶け込むように馴染み、ピンク系の色味が女性らしい印象を与えます。私はブルーベースの肌なので、色白の方に合いやすいと思います。

簡単にツヤ感を演出できるので、疲れてきた夕方のメイク直しにもピッタリ。血色をよくして華やかな印象にしたい方にオススメです。ラメとパールが入っているパウダーなので、たくさんつけずに軽くつければ十分! コスパもとてもよいです。コレを使うのと使わないのでは、仕上がりに大きな差がでます!

トムフォードのハイライトペンは肌への密着度が高く、自然にくすみをカバーして肌をワントーン明るくみせてくれます。なんといってもリキッドの筆ペンタイプなので、カチカチ出して量も調節しやすいです。液状なので伸びも良く、ベースメイクの下地としても使えて便利ですよ。
私は朝の仕上げにTゾーンと頬の高い部分に足して使っています。顔にメリハリが生まれて立体感を簡単に出せます。パッケージも高級感があるので、ポーチから出すたびに気分も上がります。

メイクに+ひと手間で簡単に美肌になれるハイライトアイテム、ぜひ皆さんもお試しください♪

美GINGER No.032 長石朝美
アパレルECとして都内に勤務。女性であるかぎり、もっと輝き続けていきたいという信念のもと、コスメラバーぶりを発揮。食べることも好きで、新スポットの開拓は欠かさない。インスタグラムはこちら

関連キーワード

関連記事