ニキビが絶えない…その肌トラブルはアイスが原因かも?食べ過ぎには要注意!

ニキビが絶えない…その肌トラブルはアイスが原因かも?食べ過ぎには要注意!

暑い日のアイスは格別。ついつい食べ過ぎてしますこともありますよね!でもそれが原因でニキビなどの肌トラブルが絶えないとしたら?そうなんです!実はアイスの食べ過ぎは肌荒れなどを引き起こす可能性があるのです。その原因について見ていきましょう!

アイスの食べ過ぎが肌トラブルの原因に?含まれる脂肪分に注意!

アイスでニキビ?一見遠いように見える関係ですが、実はかなり密接しています。とくにバニラアイスなどには脂肪分が含まれているので、過剰に摂取することで、皮脂の分泌が活発になります。これがニキビにつながると考えられています。

アイスには大きく分けてアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの3種類が存在します。このなかでも牛乳の風味が強いのはアイスクリームですが、その分、牛乳由来の脂肪分も含まれていて、お肌に影響を与える可能性が高いです。

ほかにもアイスにはチョコレートやナッツなどの脂質を含むものも多いため、ますます肌トラブルを引き起こしやすいのです。

アイスで胃を冷やすのはNG!肌トラブルはその先に待っている!

では脂肪分があまり含まれていないシャーベットではどうでしょうか?氷菓と呼ばれるシャーベット、アイスキャンデーは食べ過ぎると体が冷えてしまいます。

体が冷えてしまうと新陳代謝が滞り、体内の毒素が溜まりやすくなります。この毒素は活性酸素を作り出し、ニキビのほか、お肌を酸化させて老化を進めてしまいます。

さらにこの体を冷やす影響はほかにも。たとえば食後にアイスを食べて胃が冷えると胃の血行や働きが悪くなって消化不良を引き起こします。きちんと消化されなかった食べ物が腸に運ばれると栄養の吸収はおろか、腸へも負担ばかりかかってしまいます。

結果、腸の働きが悪くなって老廃物の排出もうまく機能せず、便秘や肌荒れを引き起こすのだそう。

とにかく食べ過ぎないことが重要ですが、アイスは冷たいがゆえに体を冷やさずに食べるのは難しいですよね。そこで、ホットコーヒーやお茶などの温かい飲み物と一緒に食べると、冷えもやわらぐでしょう。

せっかく普段頑張っているスキンケアを、アイスの食べ過ぎなんかで台無しにしてしまってはもったいないですよね。食べ過ぎに注意して、できるだけ体が冷えないように工夫しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事