食べるなら赤身魚!血行促進や美肌など美容効果が満点だった!

食べるなら赤身魚!血行促進や美肌など美容効果が満点だった!

海に囲まれた日本では、毎日新鮮な魚が水揚げされて、調理され、私たちの食卓に並びます。なかでもマグロやカツオに代表される赤身魚には豊富なDHAはもちろん、美肌などの美容効果もあるのだとか。詳しくご紹介します!

【赤身魚に秘められた美容効果】血流改善

日本人はマグロ大好き!一説によると、日本は世界で獲れるマグロのおよそ1/4を消費しているのだとか。それだけマグロは私たちの食生活の中でも当たり前の存在ですが、これだけ食べる機会が多いのであれば、その栄養価についても知っておきたいところ。

マグロやカツオは常に泳ぎ続けている回遊魚で、筋肉にたくさんの酸素を運んで泳いでいます。筋肉にミオグロビンという赤い色素のタンパク質が増えているため、身が赤くなるのだそう。

つまりこのミオグロビンは赤身魚にしか含まれない成分。ミオグロビンには鉄分が多く含まれていて、貧血予防にも効果的です。また血液を作り出す働きを持つビタミンB12も豊富に含まれているとあって、女性には何かと嬉しい食材なんです。

さらに赤身魚の脂には血液をさらさらにする「オメガ3脂肪酸」や「DHA」「EPA」が含まれているので、滞ってしまった血流を改善するのにも有効です。ただし、マグロの中でもトロはDHAもEPAも多く含まれているのですが、カロリーも高いので、できるだけ赤身を食べるように心がけましょう。

血液の流れは美容に大切な栄養素を行き届かせるためにも、とても重要です。赤身魚を食べて美しくなりましょう。

【赤身魚に秘められた美容効果】美肌効果

赤身魚の美容効果は血流のみならず、実は美肌やアンチエイジング効果も期待できます。

たとえばマグロに含まれるビタミンE。これには強力な抗酸化作用があり、体の酸化を防いでくれます。シミやシワといった、お肌の老化から守る働きがあるのです。

また、赤身魚に含まれるピリドキシンと呼ばれる成分がお肌の代謝を活発にするのだとか。特にカツオには五大栄養素のひとつ、ミネラルが豊富に含まれているので健康で美しい体作りにはピッタリなんです!

美容のためにも、定期的に赤身魚を食べる習慣をつけてもいいかもしれませんね。ぜひ今日はマグロやカツオを食べましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事