夏のカフェイン飲料は危険!注意すべき量とおすすめの飲み物は?

夏のカフェイン飲料は危険!注意すべき量とおすすめの飲み物は?

夏に限ったことではありませんが、私たちが生きるうえで飲み物は欠かせません。特に夏場は汗をたくさんかくことから何回も水分補給をしますよね。ここで注意したいのがカフェイン飲料。喉が渇いたときに飲むカフェイン飲料の危険性について見ていきましょう。

脳や心臓に負担が?夏のカフェイン摂取のしすぎに注意!

暑い日が続きますね。熱中症や脱水症状を引き起こさないためにも、こまめな水分補給は欠かせません。しかし、この季節は、飲めればなんでも良いというわけでもないんです。

注意すべき飲み物は「カフェイン」が含まれる飲み物。特にカフェインを多く含むコーヒーやエナジードリンクには注意が必要です。

カフェインには神経を鎮静させる物質が含まれています。その作用が働くことで間接的に脳や心臓を刺激すると言われています。コーヒーで眠気が冷めると考えられているのはこのことから。

特に1度のカフェインの摂取量が200ミリグラムを超えると脳への刺激が過剰になり、思考力、注意力が低下し、嘔吐やむかつきなどの症状が現れることも。

およそ180gの缶コーヒー1本あたりに含まれるカフェインの量は、少ないもので約80mg、多いもので約150mgくらい含まれていますので、1度に2本以上飲む人はカフェインを摂取しすぎている可能性があります。

また、喉が渇いた状態で水分を摂取すると、胃壁が広がりやすいために、いつも以上に水分を取り込むことができてしまいます。そのため、1度に取り込むカフェインの摂取量も増えてしまうために、脳や心臓への負担が危惧されるのです。

さらに夏場のカフェインのデメリットは利尿作用。せっかく摂取した水分をカフェインの利尿作用によって排出を促してしまうので、その点も注意が必要です。

抗酸化作用に血液サラサラ!カフェインゼロの麦茶がおすすめ!

カフェインはコーヒーをはじめ、緑茶やウーロン茶にも含まれています。

夏場の喉の渇きを潤すのにおすすめなのは麦茶です。カフェインが含まれていないのはもちろんですが、血圧を下げて血液をサラサラにする効果があったり、胃の粘膜を保護する効果があったりと、何かとプラスです。

さらに抗酸化作用もあるので、夏の紫外線によるシミの原因となるメラニンの除去などにも効果的です。さらに麦茶にはミネラルが含まれているので、汗によって失われたミネラルを補うこともできるので、体の調整機能が保ちやすくなります。

夏はカフェイン飲料をできるだけ避けて、美容、健康を考えた麦茶で乗り越えていきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事