嫌なニオイの正体はすそわきが? すそわきがの原因・対策法

嫌なニオイの正体はすそわきが? すそわきがの原因・対策法

デリケートゾーンのニオイ、気になったことはありませんか?自分のニオイはわかりづらい反面、ひとたび気になりだすと、人前に出るのをためらうほど心配になることもあります。ここでは、すそわきがの原因と対策についてお伝えしましょう。

すそわきがとは?一体何?どんな特徴がある?

ワキガという症状について、たいていの方はご存知かと思います。ワキの下から発せられるニオイを指し、病名では「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。
汗を分泌する腺には、エクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺はほぼ全身に分布しているのに対して、アポクリン腺はごく限られた部位に分布しています。ワキガになる汗はアポクリン腺から出ていて、ワキの下以外には陰部、乳輪、おへその周囲、外耳道などに存在します。
アポクリン腺から出る汗には、脂肪やたんぱく質、糖質、鉄分、尿素、アンモニアといった成分が含まれています。これらの成分が皮膚に常在する細菌によって分解され、特有のニオイが発生します。このアポクリン腺が原因で起こるデリケートゾーン(陰部)のニオイを、医学的に「外陰部臭症(がいいんぶしゅうしょう)」といい、「すそわきが」と呼んでいるのです。

デリケートゾーンのニオイの原因は、必ずしもすそわきがとは限りません。おりものや膣内のニオイなどの可能性もあります。ただし、おりものは甘酸っぱいようなニオイ、膣内は生臭いようなニオイで、すそわきがのニオイとは明らかに違います。
ニオイの感じ方は人それぞれですから一概には言えませんが、すそわきがのニオイは、ツンとしたニオイ、ウッとくるニオイ、ネギ類のニオイ、鉛筆の芯のニオイ、納豆のようなニオイ、香辛料のようなニオイ…などと例えられます。

すそわきがになる原因とは?

それでは、次に考えられるすそわきがの原因をご説明します。

〇 ワキガ体質

人間の汗腺の数は遺伝によるもので、生まれたときから決まっています。アポクリン腺の数が多い体質の人がワキガになります。
小学校高学年くらいから成長ホルモンの分泌が活発になりますが、そのころからアポクリン腺も活性化してきます。その時期にニオイが始まったのであれば、成長に伴って生じていることから体質によるものと考えられます。

〇 食生活

偏った食事はアポクリン腺の活動を活性化するため、皮脂が出やすくなります。とくに動物性脂肪の多い肉中心の食事、揚げ物が多い、野菜が不足している、外食が多い、などの要因が挙げられます。

〇 ストレス

ストレスによってアドレナリンが放出され、アポクリン腺からの汗の分泌も促進されます。また、ストレスはホルモンバランスも乱し、ニオイを強める原因になりますし、疲労で肝臓機能が低下して正常に働かないと、アポクリン腺からはアンモニア臭が発生してしまいます。さらに、精神的・肉体的ストレスにより血行が悪くなると、皮脂腺の脂が酸化し、加齢臭のようなニオイも出てきます。

〇 出産後

出産後というのは、体質が大きく変わります。太りやすくなる、肌荒れがひどい、抜け毛が増えるなどの症状のほかに、すそわきがのニオイが強くなったという人もいます。
ただし、妊娠出産による場合は、授乳期が終わるころには次第にニオイも消えていくと考えられます。

自分はすそわきが? チェックポイントは6つ

自分がすそわきがかどうかを、以下の項目でチェックしてみましょう。当てはまる項目が多いほど、すそわきがの可能性は高くなります。

1. 耳垢の湿り

耳の中もアポクリン腺が集中しています。耳垢が柔らかい「軟耳垢(なんじこう)」の場合、約8割はワキガ傾向があり、ワキガの人の98%は軟耳垢であると考えられています。
軟耳垢は白人や黒人に多く、日本人の8割程度は乾耳垢(かんじこう)とされています。

2. 下着に黄色いシミ

アポクリン腺からの汗で、ショーツに黄色い汗ジミがつきます。洋服のワキの下にも汗ジミがつくようであれば、ワキガとすそわきがの両方の可能性があります。
下着のニオイを嗅いでチェックしてみましょう。悪臭と感じたら、婦人科で診てもったほうがよいでしょう。

3. パートナーからの指摘

パートナーからデリケートゾーンのニオイを指摘されたら、とてもショックだと思いますが、自分で気づくことが難しい場合も多いのです。パートナーが気づいたということは、すそわきがの可能性があると受けとめましょう。

4. 親や親戚にワキガの人がいる

ワキガやすそわきがは遺伝します。
両親のどちらかがワキガの場合約1/2、どちらもワキガの場合約3/4の確率で遺伝するとされています。

5. 毛が濃い

デリケートゾーンの毛が濃くて太い人は、アポクリン腺が多数分布していると推測され、すそわきがの可能性も高くなります。

6. 乳首からのニオイ

アポクリン腺は乳首周辺にも集まっているので、乳首からワキガのニオイがすると、すそわきがの可能性があります。

すそわきがの5つの対策法

すそわきがの可能性があるときには、どのような方法で改善したらよいのでしょうか。

1. デリケートゾーンを清潔に保つ

デリケートゾーン用の石鹸を使い、よく泡立てて優しく洗いましょう。ゴシゴシ洗いすぎると肌が傷ついて炎症を起こしたり、逆にニオイを強めたりすることになるので気をつけましょう。
ナプキンやおりものシートなどは、長時間取り替えないと蒸れてしまい、かえって不衛生です。下着とあわせてこまめに替えましょう。
また、デリケートゾーンの脱毛も、すっきりと洗いやすくなりますから、清潔を保つためには良い方法です。

2. 食生活

メインの食事は肉類ではなく魚介類にして、ビタミンB群(緑黄色野菜、果物など)を積極的に摂って体質を改善しましょう。

動物性たんぱく質、二ンニク・唐辛子などの香辛料、アルコールなどはアポクリン腺からの発汗を促しますので、摂り過ぎには注意しましょう。

3. ストレス解消

現代社会において、ストレスを受けずに生きることは不可能に近いです。
旅行や温泉などでのんびり過ごす、趣味に没頭する、カラオケで思い切り歌って発散する、気の置けない友達とおしゃべりをするなど、人それぞれ発散方法があります。自分に合ったストレス発散法を見つけておきましょう。

ちなみに、疲れが溜まっているときは、オルニチン(シジミ、チーズなど)、クエン酸(梅干し、お酢など)を摂取すると効果的です。

4. クリーム塗布

ニオイを軽くするデオドラント商品も出ています。
陰部に塗って雑菌の繁殖を抑える、消臭効果によってニオイを抑える、などの効果がありますので、体質に合ったクリームを外出時などに携帯して使用するといいでしょう。

5. 治療法

デリケートゾーンからのニオイがどうしても気になる人は、婦人科を受診してみてください。まずは、すそわきが以外に他の病気が隠れていないか診てもらいましょう。そのうえで、すそわきがの治療をする場合は、以下のような治療法があります。

・ボトックス注射
・ビューホット
・ウルセラドライ
・シェービング法

まとめ

繰り返しになりますが、デリケートゾーンのニオイが気になりだしたら、まずは婦人科を受診して、病気の有無の確認をおすすめします。そして、病気ではなくすそわきがであることが確定したら、皮膚科や美容外科、美容形成外科を受診します。その際、ワキガやすそわきがの治療を専門的に取り扱っているか、事前に確認しておきましょう。


<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事