日傘の落とし穴に要注意!紫外線対策に適した日傘を選ぼう!

日傘の落とし穴に要注意!紫外線対策に適した日傘を選ぼう!

日差しが強い日に活躍する日傘。お肌を日焼けから守る紫外線対策の必需品であり、暑さも軽減できる優れものです。しかし、日傘によってはこれらの効果が十分に発揮していないものもあるのだとか!あなたが持っている日傘は問題ないでしょうか?

その日傘は大丈夫?紫外線対策に適した日傘とは?

日差しの強い日に日傘を使う人は以前よりもめっきり増えましたよね。昔に比べて紫外線の力も強くなっている気もしますが、最近では男性でも日傘を使う人がいるくらい、夏場では紫外線対策として当たり前の存在です。その効果は実際のところどんなものなのでしょうか。

実は普通の雨傘でもある程度の紫外線はカットできるといわれています。これは、撥水加工にフッ素系の薬剤を使用するため、この薬剤によって紫外線をカットできるのだとか。

しかし完全に100%カットできるわけではなく、やはり日傘には敵わないのだそうです。日傘にはそれほど紫外線をカットする効果があるのですが、なかには十分な効果を果たしてくれないものもあるのです。

なかでも注意したいのは「99%紫外線カット」と謳われている日傘。要するに完璧に紫外線をカットできないので、そのわずか1%がお肌へ影響を与えてしまうこともあるのです。完全に紫外線をカットする100%紫外線カットの日傘とは少なからず差があるのです。

紫外線は下からも!強い紫外線の照り返しに要注意!

しかし注意しなければならないのは、なにも上からの紫外線だけではありません。地面からの照り返しにも気をつける必要があります。

せっかく上からの紫外線を防いでも、地面から照り返される紫外線を受けてしまっては意味がありませんよね。この照り返しの紫外線対策ができている日傘があります。それは傘の内側が黒色の日傘といわれています。

内側が黒い日傘は照り返しを吸収してくれるので紫外線をカットしやすくなります。反対に白色などの明るい色だと反射が起きて、紫外線を体に受けてしまうのです。

こうした素材のみならず傘の色の違いでも紫外線対策には差が出てきます。今お持ちの日傘が紫外線対策が万全なのか、今一度確認してみてください。

そして、日傘をしていてももちろん完璧ではありませんので、日焼け止めクリームなどの対策も合わせて徹底して紫外線からお肌を守りましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事