台風の時期は体がむくみやすい?気圧の変化による体調不良とは?

台風の時期は体がむくみやすい?気圧の変化による体調不良とは?

毎週のように飛び交う台風のニュース。天候もさることながら、体調も崩しやすくなりませんか?気温の変化も激しいですが、低気圧は自律神経に影響を与えることもあり、むくみやすかったり、体調が優れなかったり。気象の変化に備えてくわしくご紹介します。

低気圧で体調もボロボロ?天気が与える体への影響とは?

天候によって体調が崩れやすい。これは偏頭痛持ちの人には多いかもしれません。気圧が影響して頭痛やめまい、喘息が出たり、関節や神経に痛みが生じたり。なかには昔に怪我をした古傷が痛み出したり。

天気と体調は昔から関係があるといわれていましたが、最近は異常気象も多く見られるため、こうした体調への影響も大きいです。

特に雨や台風など、気圧が大きく変化すると体はストレスを感じます。そのストレスに抵抗するため自律神経の働きがが活発になります。体を興奮させる交感神経と、リラックスさせる副交感神経のバランスが変化するため、体調に影響すると考えられています。

特に台風の時期は気圧の変化が大きいため、体への負担も大きくなります。こうした気象状況に加えて、女性には月経周期によって自律神経が乱れやすいため、重なるとますます体調はしんどくなります。

またこうした自律神経のバランスが乱れると血流が悪くなり、老廃物も排出されにくいため、むくみにもつながるといわれています。

睡眠で改善!低気圧とうまく付き合う方法

天気が悪いとそれだけでも気分が落ちやすいのに、さらに体調まで悪くなるなんて最悪ですよね。それを少しでも和らげるには睡眠がとても大切です。

電気などの明るい光を消して、リラックスして睡眠できる状態で眠ることが重要です。スッキリと眠ることは頭痛の解消にも効果的です。さらに寝る前に大きく深呼吸すると自律神経にも働きかけることができるといわれています。

ほかにもストレッチをして全身の筋肉をほぐしたり、血流を促すなどすると、眠りの質がアップします。

また慢性的に天気で体調を崩しやすい人は、お天気アプリや気圧がわかるアプリで体調を管理するのもおすすめです。予測した上で対策がとれると気持ちも変わってくるかもしれません。

低気圧は体調のみならず、むくみなどの影響も引き起こします。睡眠をしっかりとって、うまく天気と付き合っていきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事