冷たいものを食べすぎると…「内臓型冷え性」って知ってる? 

冷たいものを食べすぎると…「内臓型冷え性」って知ってる? 

まだまだ暑い日が続きますが、冷たい飲み物やアイス、かき氷など冷たいものばかり食べていませんか?こうした冷たい食べ物は「内臓型冷え性」を引き起こして、体がだるくなったり、胃腸の調子が悪くなったりするので注意が必要なんです!

夏場の体調不良の原因はコレ?冷たい食べ物で内臓型冷え性に!

暑い日には冷蔵庫でキンキンに冷えた麦茶やビールで喉を潤し、体を冷ます。夏はそんな繰り返しではないですか?実はこうした冷たい飲み物や食べ物を摂り続けていると「内臓型冷え性」を引き起こす恐れがあるのだそう。

内臓型冷え性とは、手足などの末端が冷える一般的な「冷え性」とは違って、名前の通り胃腸などの内臓が冷えてしまうタイプの冷え性です。自分ではなかなか気づきにくいため、自覚がないケースも多いのだとか。

考えられる内臓型冷え性は、筋肉量の不足のほか、自律神経の乱れによるストレスや寝不足による血流の悪さが原因といわれていますが、これに加えて注意すべきは、冷たい食べ物を食べ過ぎてしまうことです。

筋肉や自律神経は血流が悪いことで内臓を冷やしてしまいますが、冷たい食べ物は直接内臓を冷やしてしまいます。さらに交感神経を緊張させるため、血管の収縮を促してしまい、その結果血流も悪くなります。

夏場は、冷房が効いている室内でアイスを食べるなど直接的に内臓を冷やす機会も多いため、注意が必要です。

内臓型冷え性を防ぐために!冷たい食べ物以外にも注意すべきこと

内臓が冷えてしまうと血液の循環がスムーズに行われずに、体温が下がることが多いのだそう。体温が下がると基礎代謝も下がりますので、内臓脂肪が溜まりやすく、太りやすい体質になるほか、免疫力も低下するので風邪などで体調を崩しやすくなるでしょう。

内臓を冷やさないために有効なのは、体を温めること。冷たい飲み物ばかりを飲まずに、温かいスープなどで体を温めることが重要です。

食べ物で注意したいのは、健康にと思って食べている野菜が体を冷やしてしまっているケースです。野菜のなかでもキュウリやナスなど、夏の野菜は体を冷やす作用があるため、アイスや飲み物のみならず、食べ過ぎには気をつけましょう。

また、夏場はシャワーだけですます人が多いと思いますが、しっかり湯船に浸かって体を温めることも内臓型冷え性の予防には効果的です。

最近体調が優れないな。と思ったら内臓型冷え性かもしれません。食生活を見直して冷たい食べ物の食べ過ぎには注意しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事