目の下のクマを目立たなくするには、ケアとリップメイクが鍵!

目の下のクマを目立たなくするには、ケアとリップメイクが鍵!

目の下にクマがあるだけで、不健康そうに見られてしまいがち。完璧に隠そうとしてコンシーラーやファンデーションを厚塗りしてしまうと、不自然に見えたりメイク崩れの原因になってしまいます。そこで目の下のクマを目立たなくさせる簡単な方法をご紹介!

どんよりとした目のクマをカモフラージュさせる方法とは?

色素沈着による茶クマには、美白化粧水を使ったり、美白美容液での集中美白ケアが効果的。血行不良による青クマにはマッサージやホットタオルで血流をよくしてあげるといいと言われていますが、目の下にできたクマを解消するのは長い時間がかかってしまいます。日々のスキンケアにクマ解消法を取り入れ、簡単な方法でクマを目立たなくさせましょう!

目の下のクマ隠しには、リップがキーワード!

クマが気になるからといって、コンシーラーやファンデーションを重ね付けして完璧にカバーすると、目の下だけ不自然な印象になったり、メイクが崩れやすくなってしまいます。そこでおすすめなのがリップを使った2つの方法なのです!

青クマと茶クマには赤リップを使って明るい肌に見せるといいでしょう。スキンケア後、肌にしっかり化粧水や乳液などが馴染んだのを確認してから、化粧下地を薄く伸ばし、その上に赤いリップを指で少しずつ付けていきます。狭い範囲にクマができている方は、小さめのアイシャドウブラシを使うと綺麗に仕上がりますよ。クマ隠しに使う赤リップは、パキッとした明るい赤色よりもオレンジ寄りの赤色がおすすめです。赤リップを馴染ませたら、筆で少量のコンシーラを置いて、コンシーラーと赤リップ、周りの肌との境目がなくなるように優しくぼかしていきましょう。あとはフェイスパウダーを優しくのせたら完了です。

たるみや加齢によってでできる黒クマの場合は、赤リップを使うとかえって目立ってしまうので、黒クマを無理にカバーしようとせずに明るいリップや口紅を使ってリップメイクに力を入れることをおすすめします。ベージュやくすんだ暗めのリップよりも、明るい赤やピンク、オレンジなどのはっきりとした色味を唇にプラスすることで、顔全体を見たときにクマが目立ちにくくなりますよ。

リップを味方にしてクマを目立たなくさせてみて

普段、クマ隠しに時間がかかっていてなかなかカバーしきれない…という方は、リップを味方につけてみるといいかもしれません。クマを解消させるケアを毎日取り入れつつ、リップを使ってうまくカモフラージュしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事