目指せすっぴん美人!まつげの育毛方法や控えるべきNG習慣について

目指せすっぴん美人!まつげの育毛方法や控えるべきNG習慣について

ボリューミーな自まつ毛が手に入ればメイクの時短に繋がるだけでなくお泊りデートですっぴんが披露できるようになったりと、様々なメリットを実感することができます。しかし、なかなか上手く伸ばすことができないと悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

まつげが伸びづらくなる!? 控えるべきNG習慣とは?

洗顔やクレンジングをするとき、ごっそりまつ毛が抜けてしまった…という悲しい経験はありませんか?しっかりまつ育をしているにも関わらず、なかなか思うように伸びないのは、何気ない癖や生活習慣があなたのまつ毛にダメージを与える原因になっているのかもしれません。

【まつげが伸びづらくなる!? 控えるべきNG習慣】
<ビューラー>
ビューラーはまつ毛をカールさせることで簡単に大きな目元に見せてくれる魔法のようなアイテムですが、一歩使い方を誤ってしまうとまつ毛全体を傷めてしまう原因に。

ビューラーを使用する手順は「根元→真ん中→毛先」で、軽く1回挟む程度で十分です。あまり力を加えすぎないよう注意しましょう。

また、長期間使っているとゴムが徐々にすり減り、目元にダメージを与えるだけでなく、まつ毛そのものが切れてしまう可能性がありますので、ビューラーのゴム部分は2〜3ヶ月を目安に新しいものに付け替えることをおすすめします。

<クレンジング方法>
目元は皮膚が薄く、繊細な部分なのでメイクが完全に落ちていない可能性があります。特にミルククレンジングなどは洗浄力が低いため、アイメイク専用のリムーバーを併用するようにしましょう。また、まつ毛の根元や粘膜など指で触りづらい部分は、綿棒を使うようにすると尚良いです。

フサフサまつ毛を作りたい!おすすめの育毛方法

ドラッグストアの店頭にも必ずと言っていい程並んでいるまつ毛美容液。まつ毛を伸ばすために毎日使ってケアしているという女性が多いことでしょう。

しかし、まつ毛美容液だけではまつ毛が伸びるということはないと言われており、やはり、健康的な生活を送ることもまつ育には欠かせません。

【フサフサまつ毛を作る!? おすすめの育毛方法】
<まつ毛「育毛剤」を使用する>
化粧品は体に作用を及ぼしてはいけないと法律上決められているため、まつ毛美容液は商品の性質上、育毛効果は期待できません。一方、まつ毛育毛剤(※専門の機関でのみ手に入ります。)に配合されている有効成分に関しては厚生労働省でも認可されているという特徴があり、効果が期待できます。

<生活習慣の見直し>
まつ毛も頭部の髪の毛と同じく、食事から摂取した栄養素を元に作られていますので、日頃からバランスの整った食生活を送るよう心がけましょう。また、まつ毛の成長を促すには睡眠の質を高めることも大切です。

いかがでしたか?まつ毛の育毛方法・控えるべきNG習慣をご紹介しました!つけまつげやマスカラは便利ですが、それだけで目元の美しさは保つことはできません。規則正しい生活をベースにしながら根気よくまつ毛を伸ばしていきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事