エリカ・アンギャル発「アロエは食べても、飲んでも、塗ってもいい!」

エリカ・アンギャル発「アロエは食べても、飲んでも、塗ってもいい!」

世界の美女たちを導き、栄養コンサルタントとして活躍中のエリカ・アンギャルさん。体の内側から美しくなる食生活やライフスタイルを指南している彼女に、...

世界の美女たちを導き、栄養コンサルタントとして活躍中のエリカ・アンギャルさん。体の内側から美しくなる食生活やライフスタイルを指南している彼女に、毎月、キレイを育むビューティ食材を取材します。  

Licensed by Getty Images

アロエのパワーは万能!

ヨーグルトなど、日本では「アロエ」の果肉そのものが入った製品をよく目にしますね。でも海外では食べ物のアロエを見かけることはほとんどなく、100%ジュースとして飲用する習慣があります。アロエには殺菌、整腸作用が あるといわれ、腸の調子を整えたいときや、消化に問題があったときにアロエジュースを飲みます。歯をクリーンにするという働きもあるようで、なかにはマウスウォッシュのようにジュースでうがいする人も。そうそう、アロエを傷口に直接塗るという日本でもおなじみの使い方は世界共通。アロエを自分で育ててオリジナルの保湿剤を作っている人もいますし、とにかく使い方はいろいろ! 

アロエには抗酸化成分、ポリフェノール、ビタミンC、酵素をはじめ約75の栄養素が含まれています。食べて、飲んで、塗って・・・アロエが持つパワーを自分なりに取り入れましょう。

甘酸っぱいアロエが美味 夏の朝のヨーグルト

アロエの皮をむき、適当なサイズに切ったら少し水にさらして苦みオフ。ライムジュースを入れたお鍋でコトコト柔らかく煮る。蜂蜜で甘く味付けし、ヨーグルトをのせて。

お腹の調子をスムーズにするアロエレモネード

インターネットでも購入できる食用アロエ。オリジナルのレモネードを作り、腸の調子を整え、夏バテを乗り切ってみては。アロエの中身、水、 レモン汁、好みの量のメープルシロップをミキサーに入れて攪拌すればできあがり。

万能の効能を持つ「アロエ」。キレイになるだけでなく、健やかなインナーケアも目指すなら今すぐ試してみて!

関連キーワード

関連記事