究極の時短美容!欲ばり女子も納得の、おサボりコスメ秘話

究極の時短美容!欲ばり女子も納得の、おサボりコスメ秘話

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもち...

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもちろん“ Spark yourself!”の頭文字です。商品制作の舞台裏や仕事に対する想いなどをインタビューしていきます。企画や研究開発に携わる同世代の彼女たちから、仕事を楽しむヒントやコツが得られるはず! 

今回は化粧品会社、(株)スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニーで時短コスメ「サボリーノ」を担当する三原彩さんと齊藤久美子さん、御殿谷りえさんにインタビュー。女性の本音をひろい、次々と生み出される新たなアイテムにフィーチャーします。

撮影/[人物]長谷川梓、[静物]植一浩
取材・文/GINGERweb編集部

面倒なのはスキンケアだけじゃない!?

朝の洗顔やスキンケアに割く時間を短縮し、多忙な女性の朝を快適にした「サボリーノ 目ざまシート」。瞬く間に売り上げ枚数、2.5億枚(メーカー累計出荷枚数)を目前にしたシートマスクは季節限定商品を発売するなど常に新鮮で楽しい朝時間を提供しています。しかし、世の女性たちが“めんどくさい”と感じているのは洗顔やスキンケアだけではないのです。

「ロングヘア女子の切実な訴えは、いまでも忘れません(笑)」(齊藤)

サボリーノが誕生したプロジェクトチーム「女子開発ラボ」に所属していたメンバーのひとりが訴えたのは、ドライヤーで髪を乾かす鬱陶(うっとお)しさ。シートマスクの開発中から「ドライヤーがもう嫌だ!」と熱烈に訴える彼女の声がきっかけで誕生したのが「サボリーノ 速く乾かスプレー」です。商品には多くの女性が共感し、特に夏場は暑さとともに売り上げも上昇中。

<左から>サボリーノ 髪と地肌を手早クレンズ トリートメントシャンプー スムース/モイスト、サボリーノ 速く乾かスプレー n フルーティーハーブの香り/無香料、サボリーノ 髪を洗いまスプレー

ヘアケア商材のラインナップが増え、頭皮ケアからヘア速乾まで叶える驚きの5 in 1シャンプーと水不要のドライシャンプーも発売。お風呂に入ったら少しでも早く寝たい、時間はないけど朝シャン派という人にもぴったり。

<左から>サボリーノ おやすミスト、サボリーノ さっぱり落とシート

さらにマスクよりもっと時短したい人におすすめのミスト状保湿液や、“お風呂サボりたい!”というインパクトのあるキャッチフレーズがつけられた全身拭き取りシートを発売。

各フィールドで得た知識を集結!

「女子開発ラボ」のメンバーは、日頃それぞれ違うフィールドで活躍しながら、チームの一員として新商品の開発に携わっていました。ラボの初期メンバーである御殿谷さんは宣伝広報を担当。

1日の半分は外出しているケースが多いので、外出と内勤のバランスを取りながら働いています。

BCLの扱う商品は主に百貨店、サロン、バラエティショップ&ドラッグストアの3つの販路。なかでも御殿谷さんはバラエティ&ドラッグストアの商材を担当しています。宣伝広報としてさまざまなメディアに商品を紹介したり、撮影に立ち会うなど対外的なことが多いお仕事。リリース制作や社内PRも行うため、外出と内勤のバランスをうまく取ることが、仕事の質をキープする鍵。

ゼロの段階からアイデアを詰めるのは、結構孤独です(笑)。

企画プランナーを務める齊藤さんの仕事は、ゼロからイチへ商品を生み出すこと。商品のコンセプト開発とコピーなどを企画書としてまとめ、中身の開発、社内外のデザイナーと協力して開発を進める、商品が完成してからも他の部署とともに商品をサポートしています。

アイデアを詰めるのは孤独な時間、と話す斎藤さん。雑誌やウェブ、展示会などに出席することで情報を吸収しつつ、アイデアを練ります。CMを打たないセルフ化粧品にとってとても重要なブランド名を考えるときは、まず思いついたワードをノートにひたすら書いてから整理していくそう。

これなら買う!という直感を大事にしています。

昨年入社した三原さんは、入社前から商品を愛用していたひとり。現在は「サボリーノ」の販売促進を担当しており、店頭の販促什器の制作やビジュアルづくり、プロモーション施策を組み立てて実施するのが主な業務。プロモーションの形もさまざまなので、自分がこれだったら惹かれるなという直感を大事にしながら日々新しいことにトライしています。

ベストコスメ50冠達成。この先目指すものとはー

多くの雑誌やコスメ・美容クチコミサイトが主催し、プロや読者の投票によって厳選された逸品コスメだけに賞が与えられるベストコスメアワード。今年6月に「サボリーノ 目ざまシート」が発売から約3年で50冠を突破したことは、社内でもビッグニュースに。秋にはシリーズ史上No.1の保湿力を誇る、ミルク乳液を含ませたプレミアムマスクも誕生します。

サボリーノ 目ざまシート プレミアム 白いちご/青みかん(9月限定発売予定)

「ブランドデビューから3年、この後が本当の山場だと思っています。オリンピックが開催される2020年には、さらに羽ばたいていて欲しいですね。会社自体の宣伝活動も強化していきたいです」(御殿谷)

「調査をするとまだまだ認知度が低いのかなと。雑誌やウェブを頻繁(ひんぱん)にチェックできないような、本当に忙しい方にもっと届けたいです。今後も女性たちの生活に入り込めるような商品企画に携わりたいですね」(齊藤)

「SNSを見ていると、私たちが当初想定していなかった商品の使い方を見かけます。例えばジムで運動した後に使ったり、男性の方にもご愛用いただいていたり。先日は震災時にすごく役立ったというお声もいただきました。私たちからも今まで以上に“こんなシーンでも活用できる”というご提案をして、ユーザー層の幅を広げていきたいです」(三原)

女性たちのライフスタイルに寄り添う「サボリーノ」。忙しい毎日だけどきれいを諦めたくない女性の頼もしい味方となり、国民的シートマスクに成長しています。今後も私たちの本音に応えてくれる、新しいアイテムの登場に期待です! 
次回はユーザーと同じく、多忙な毎日を送る女性として3人にお話を伺います。

サボリーノ
https://www.bcl-brand.jp/special/saborino/

関連キーワード

関連記事