秋に向けて知っておきたい!夏のお疲れ肌をいたわるスキンケア

秋に向けて知っておきたい!夏のお疲れ肌をいたわるスキンケア

暑い猛暑が続き、身体も肌もお疲れ気味。夏は強烈な紫外線が降り注ぎ、大量に汗をかいたり冷房による乾燥などで肌は過酷な状態になっています。秋に向けて早く夏のダメージをリセットして、健やかな肌を保ちましょう。

夏のダメージを受けた肌にスキンケアをしても浸透しにくい…

夏の終わりになると、蓄積された紫外線ダメージや乾燥などによって、肌のお疲れを強く実感する方が多いのではないでしょうか。また、この時期は肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れやすく、古い角質がスムーズに剥がれ落ちないことで肌表面に蓄積し、くすみやザラつきの原因に。古い角質が肌の表面にあることで、保湿成分や美容成分の浸透を妨げてしまうとも言われています。

夏のお疲れ肌をリセットするスキンケア方法

古い角質は、通常の洗顔ではなかなか落とすことができません。そのため、ゴワつきやザラつき、くすみに悩んでいる方はピーリングや拭き取り美容液、クレイ入りの洗顔料や酵素洗顔などで取り除いていきましょう。

硬くごわついた肌にそのまま角質ケアを行うよりも、ホットタオルやスチーマーを当てて、肌を柔らかくしてから古い角質を除去すると肌への負担を軽減できますよ。しかし、角質ケアのしすぎは肌に良くないので、週に1回を目安に定期的に行ってくださいね。

古い角質を取り除いたらスキンケア効率も高まるのですぐに保湿ケアに取り掛かりましょう。夏の間に肌が受けたダメージをリカバリーするためには、いつも以上にたっぷりと保湿をして、肌の内部まで潤いで満たすことが大切です。

化粧水で肌を整えたら、美容成分がたっぷり濃縮されたシートマスクをつけて、その上からホットタオルを当てるとスチームの効果で浸透しやすくなるのでおすすめです。最後に乳液やクリームで蓋をすることをお忘れなく!

涼しくなってきても紫外線は1年中降り注いでいるため、日焼け止めを塗ったり日傘や帽子を活用して引き続き紫外線対策を行いましょう。

疲れた夏の肌に潤いをチャージして秋を迎えよう

透明感がなく、ごわつきやくすみが気になる夏疲れの肌。ファンデーションがうまくのらなかったり、崩れやすさに悩んでいる方は、夏のダメージを受けて肌が疲れきっているのかもしれません。秋本番になる前に、疲れた肌に潤いを与えて健やかな肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事