涼しくなっても紫外線対策はきっちり!秋に向けて美白肌をキープする

涼しくなっても紫外線対策はきっちり!秋に向けて美白肌をキープする

猛暑が去って涼しく感じる夏の終わり。真夏はきちんと紫外線対策をしていても、涼しくなってくると日焼け止めを塗り忘れたり、紫外線対策に気を抜いてしまいがち。残暑の時期に油断をしていると、うっかり日焼けをしてしまう可能性があるので注意が必要です。

夏でも秋でも紫外線対策が美肌の基本!

9月になるとメイクやファッションがどんどん秋モードになっていきますが、紫外線対策は夏も秋も関係なく行うことが美肌を保つ基本だと言われています。真夏は頑張って紫外線対策をしていても、涼しくなったから…と油断していると日焼けしてしまうので残暑の時期でもまだまだ油断禁物です!

残暑時期のうっかり焼けを防ぐ紫外線対策とは?

だいぶ涼しくなってきたとはいえ、日焼け止めを使って肌を守ることは大切です。日焼け止めを塗るとき、ただ適量をさっと塗るのではなく、保湿ケアをしてからムラなく均等に伸ばしていきましょう。多く塗りすぎたり、少なすぎるとムラになる場合があるので、頬・額・顎先・鼻など細かい部分に日焼け止めを置いてから、指で優しく伸ばしてくださいね。

特に塗り忘れやすいのがフェイスライン、小鼻の周り、髪の毛の生え際、眉間、耳の裏、首の後ろあたりなど。デリケートな唇も紫外線によるダメージを受けやすいため、口紅やグロスを塗る前に日焼け止め効果のあるリップクリームを塗っておきましょう。

そして、顔の中でも特に出っ張っている頬骨の上やTゾーンは紫外線を浴びやすいと言われているため、 日焼け止めを軽く指で優しく叩き込むように重ね塗りしていくといいですね。

出かける前にきちんと日焼け止めを塗っていても、分泌される汗や皮脂によって日焼け止めが落ちてしまいます。メイクの上から日焼け止めを塗り直すときには、日焼け止めスプレーや日焼け止め効果のあるパウダーを重ねてあげると◎。汗をかきやすい身体の場合、タオルやハンカチで汗を拭ったあとに日焼け止めを塗り直しましょう。2〜3時間に1回を目安に日焼け止めを塗り直すと効果的ですよ。

また、髪や頭皮はダイレクトに紫外線があたるため髪用の日焼け止めスプレーやミスト、オイルなどを活用したり、まとめ髪をして帽子を被るのもおすすめです。

季節関係なく紫外線対策を行って美白肌をキープ

涼しくなると油断しやすい紫外線対策ですが、毎日きちんとUVケアをすることで美白肌をキープできます。季節に合わせた日焼け止めを選びつつ、ムラなく均等に塗って紫外線から肌を守ってあげましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事