日焼け止めで肌トラブルが起こる原因とは?すぐにできる対策法

日焼け止めで肌トラブルが起こる原因とは?すぐにできる対策法

紫外線から肌を守るために欠かせない日焼け止めですが、肌に合わない、かゆみや肌荒れなどの肌トラブルが起こってしまった…などという経験はありませんか?日焼け止めを塗って肌トラブルが起こる原因と対策方法をご紹介します。

肌を守るはずの日焼け止めで、肌トラブルが起こる原因

日焼け止めを塗ったあと、肌トラブルが起こる原因は「肌が敏感な状態に傾いている」「洗顔やクレンジング不足」「量が足りない」「用途に合わせて使っていない」ことなどが挙げられます。

肌が敏感になっていると、日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤やパラベン、エタノールなどの成分が肌に刺激や負担を与えてしまう場合が。さらに、日焼け止めをクレンジングや洗顔できちんと洗い流せていないと毛穴が塞がってニキビの原因に。日焼け止めが肌に残ったままだと、肌の潤いが失われて乾燥してしまうとも言われています。

肌トラブルを未然に防ぐ!適した日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めで肌トラブルを引き起こさないためには、用途に合った選び方をすること、保湿ケア、塗り方がポイントです。

まず、日焼け止めを選ぶ時に用途を確認しましょう。日常生活や近場の外出時に使うものはPAやSPFが低いものを、炎天下にいる日や外でのレジャーなどにはPAやSPFが高いものを選んで場面に応じて使い分けましょう。また、顔用・ボディ用かをきちんと確認してから使うことをおすすめします。

次に保湿ケア。日焼け止めに配合されている成分が肌の乾燥を招くケースもあるので、保湿ケアをしっかり行い日焼け止めに負けない健やかな肌を作っていくこともポイントです。日焼け止めを塗る前には、顔も身体も化粧水で潤いを与えてクリームや乳液をつけてから、日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めを落としたあとの保湿ケアも忘れずに。

そして、適量の日焼け止めをムラなく均一に塗ることも大切。まんべんなく日焼け止めを塗ったつもりでいても、塗れていないパーツがあると紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいます。また日焼け止めは汗などで流れ落ちてしまうのでこまめに塗り直してくださいね。

自分に合った日焼け止め選びと正しい使い方で肌トラブルを解消!

洗顔料やボディーソープで落とせる日焼け止めもあれば、専用クレンジングが必要な日焼け止めもあるため、肌に残らないようにきちんと落とすことも重要です。肌トラブルの原因を知りつつ、正しい使い方で日焼け止めを味方につけてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事