皮膚や粘膜を健やかに保つ「ビオチン」を日々の食事で補給するには!

皮膚や粘膜を健やかに保つ「ビオチン」を日々の食事で補給するには!

サプリメントにもよく配合されているビオチンという成分。サプリメントのみに頼らず、日々の食生活からも補給することができれば嬉しいですよね。そこで、今回こちらではビオチンを含む食材についてご紹介いたします。

「ビオチン」の働きが皮膚や粘膜を健康に保つ

ビオチンとは水溶性ビタミンB群の一つで、皮膚や粘膜を元気に保つ働きがあるほか、タンパク質や脂質が代謝する際の酵素の働きをサポートし新しいエネルギーを生み出す役割なども果たしているそうです。

ビオチンは日頃からバランスの取れた食事をしていればほぼ不足することはないようですが、不足してしまうと肌トラブルや抜け毛を引き起こすと同時に、無気力・倦怠感など神経系に影響を及ぼすことがあるそうですので、日々の食事をしっかり取ることが大切ですね。

【ビオチンを含む食材とは】
<タンパク質>
牛・鶏・豚などの肝臓、鶏卵、カレイ・鯛・うなぎなどの魚介類

<ナッツ類>
アーモンド・ピーナッツ

<野菜類>
トマト・玉ねぎ・ほうれん草・カリフラワー

ビオチンたっぷりの美容レシピ〜レバーと卵のココット〜

ビオチンを豊富に含むレバーと卵を使ったココットの作り方をご紹介します。

【レバーと卵のココットの作り方】
<材料(ココット4型分)>
・レバー 200g
・玉ねぎ 1/2個
・マッシュルーム 3個 
・バター 小さじ2〜3
・赤ワイン 大さじ2
・ニンニク 1片
・ローズマリー(パウダー)適量
・塩胡椒 適量
・卵 4個
・とろけるチーズ お好みの量
・パセリ 適量

<作り方>
1.レバーを血抜きし、小口切りにします。
2.玉ねぎは千切りに、マッシュルームとにんにくは薄切りにカットしましょう。
3.フライパンにバターをひき、1のレバーと2の玉ねぎ・にんにく・マッシュルームを炒めていきます。ローズマリーを加え塩胡椒をしたら、赤ワインでフランベしましょう。
4.ココット型にバターを塗り3を入れ、とろけるチーズをのせたら一つずつ卵を落とします。
5.クッキングシートをひいたバッドの中に4のココットを入れ、型の高さの半分くらいまでお湯を注ぎます。
6.200度に予熱したオーブンの中で約12〜15分程湯煎蒸しします。
7.オーブンから取り出し、みじん切りにしたパセリを振りかけて完成です。

いかがでしたか?お肌の健康維持のためにもバランスの取れた食事を意識しながら、ビオチンを含む食材も取り入れていきましょう。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事