加齢による肌の「皮脂不足」は、日々のケアと食事でコツコツ改善!

加齢による肌の「皮脂不足」は、日々のケアと食事でコツコツ改善!

昔はあぶらとり紙を頻繁に使っていたのに、今では乾燥が進んでオイリー肌だったあの頃が懐かしい…と皮脂不足に悩んでいる大人の女性は意外と多いことでしょう。皮脂が不足すると肌に艶がなくなり老けて見られることも!皮脂不足におすすめケアのご紹介です。

皮脂不足は加齢やストレスから...まずは肌の皮脂状態をセルフチェック!

加齢やストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌量が減少すると、肌が正常な油分量を保てなくなり、乾燥肌を引き起こしやすくなると言われています。特に30代を境に皮脂は急激に少なくなるそうです。若々しい見た目を取り戻すには、皮脂不足に適したケアがおすすめです。まずは、皮脂不足のセルフチェックを行ってみましょう。

【皮脂不足のセルフチェック方法】
起床後に洗顔をし、化粧水だけをつけてお肌の状態を鏡で確認しましょう。5分も経たないうちに皮脂が浮き出てきたら皮脂が過剰分泌している証拠ですが、逆にどんどん乾燥してしまう場合、皮脂が不足している可能性が高いです。洗顔後のつっぱり感も皮脂不足のサインと言われています。

肌の皮脂不足には、日々の丁寧なスキンケアと適した食事でケアを

それでは早速、皮脂不足におすすめのケア方法についてご紹介します。コツコツ続けて美肌を取り戻しましょう!

【皮脂不足におすすめのケア】
<洗顔>
洗浄力の高い洗顔フォームやクレンジングを使っているとお肌に必要な皮脂までも洗い流してしまうと同時に角質層が傷つけられ、肌本来の機能が損なわれてしまいます。できるだけ無添加タイプの商品を選ぶようにし、洗顔料を使うときは30秒程度の短い時間で顔全体を均一に覆うように優しく洗いましょう。

<保湿>
皮脂量が少ないからとオイル美容液などを過剰に使ってしまうと思わぬ肌トラブルで肌が不調になることも。自分の肌に合わせながら油分調節することが重要ですので、つけすぎには十分注意しましょう。

<生活習慣の見直し>
皮脂の分泌を促すには半身浴で汗腺を鍛えたり、十分な睡眠を取って、ホルモンバランスの乱れを整えるよう心がけましょう。また、ダイエットをしている方は脂質を控えがちですが、必須脂肪酸(リノール酸・アラキドン酸・α-リノレン酸)などの栄養素は体内で合成できないため、食事から摂取する必要性があります。これが不足すると皮脂分泌の減少やニキビなどの肌トラブルの原因になるだけでなく、免疫力が低下したりと健康面にも悪い影響を及ぼしてしまうことがあるそうなので、気をつけましょう。

いかがでしたか?肌の皮脂不足が気になり始めた方は、参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事