知らぬ間にほくろが大きくなってきた!その原因はメラニン以外にも?

知らぬ間にほくろが大きくなってきた!その原因はメラニン以外にも?

ほくろはできる場所によっては悪目立ちして、コンプレックスになるほど気にしてしまうこともあります。気づくと「あれ、こんなに大きかったっけ?」と巨大化することもしばしば。その原因はメラニンだけじゃなかったのです!

ほくろの原因は紫外線によるメラニンだけじゃない?

そもそもほくろって一体なんなのでしょうか?ほくろはメラニン色素をつくるメラノサイトという細胞が変化した母斑細胞のかたまりと言われています。

紫外線を浴びて作り出されたメラニンは、代謝によって排出されるのですが、メラノサイトが活性化しすぎたり、なにかしらの刺激によってほくろになることがあるのだそう。

ではそのメラノサイトの活性化とはどんなことで起こるのでしょうか?

主な原因は紫外線によって起こりますが、なかには生活習慣の乱れなどによってメラノサイトが活性化しすぎることがあるのです。

ここで疑問なのは、はじめは小さかったほくろがいつの間にか大きくなってしまうこと。その原因はさまざまですが、紫外線を浴び続けたり、強くこすったり、刺激を与えることで、メラノサイトが活性化してほくろを大きくするのだと言われています。

これにはストレスや疲労といった精神面も影響するのだとか!

ほくろが大きくなる理由はメラニン以外にも?悪性のほくろに要注意!

できてしまったほくろはできるだけ大きくしたくないですよね。そのための対策は、やはりメラノサイトをできるだけ活性化させないことが重要です。

紫外線を長時間浴びないように気をつけたり、お肌のターンオーバーを停滞させないためにも、できるだけストレスを溜めない生活をしたり、食事に気をつけたり、睡眠の質を上げたりといった意識が必要です。

それでも巨大化し続けるほくろは、もしかしたら悪性のほくろの可能性があります。通常のほくろは大きくなっても5mmくらい。それも何年もかけて大きくなるのですが、悪性のほくろは通常のほくろよりもさらに大きくなり、進行も早いのだとか。

悪性のほくろはメラノーマと呼ばれ、メラノサイトが悪性化して腫瘍になったもの。左右非対称で色ムラがあったりするほか、できる場所は皮膚だけではなく、口のなかや目の結膜にまで。

ほくろを大きくさせる原因に、紫外線によるメラニンはともかく、ストレスまで関係するなんて驚きですよね。ほくろを大きくさせないためにも生活習慣など見直して肌のターンオーバーを促しましょう!

そして悪性のほくろかな?と思ったら、早めに医師に診てもらいましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事