乳液やクリームはもう不要?面倒なスキンケアは化粧水だけで十分!

乳液やクリームはもう不要?面倒なスキンケアは化粧水だけで十分!

化粧水のあとは乳液やクリームで潤いを閉じ込める。そんなスキンケアのフローは一般的で、ほとんどの人がそれを実践しているでしょう。ですが、実は肌質によっては化粧水だけで十分な人もいるのだとか!詳しく見ていきましょう!

十分に保湿できる?化粧水だけのスキンケア!

スキンケアは化粧水だけ。なんだかものすごく勇気がいる行動のような気がしますが、実は肌質によっては乳液やクリームを使わなくても大丈夫なケースもあるのだそう。

化粧水には肌を柔らかくしてくれる成分のほかに、保湿成分などが配合されています。しかし、成分自体はほとんどが水分でできているため、それほど高い保湿効果は期待できません。

通常は化粧水で一時的に潤った肌を乳液やクリームで水分を閉じ込めるのですが。これをしないとやがて水分がなくなって乾燥してしまいますよね。しかし、この乾燥具合は肌質によって大きく異なります。

たとえば脂性肌の人ならこの乳液やクリームは不要なことがあります。むしろ乳液やクリームを使うことで、毛穴が詰まってしまったりしてニキビなどの肌トラブルを引き起こすことも考えられます。

使用する化粧水も、さっぱりしたタイプの化粧水の方が肌質に合っているでしょう。

一方で、乾燥肌の人がスキンケアを化粧水だけで終わらせるのはかなり危険です。乳液やクリームでフタをしないと乾燥を悪化させるだけです。化粧水もできるだけ保湿力の高いしっとりタイプを使用するのがおすすめです。

化粧水だけのスキンケアをするときの注意点

化粧水だけのスキンケアの具体的なやり方ですが、前提として化粧水はケチらずたっぷりと使いましょう。手で包み込むようにしっかりと顔を覆い、肌に浸透させます。コットンを使用する場合もたっぷりの化粧水を染み込ませてお肌にあてましょう。

大事なのはこのときの化粧水の量。少しの量だと肌面積に対して足りなかったり、十分に浸透しなかったりして、化粧水の持つ本来の保湿力を発揮できないことがあります。

また、いつまでも古い化粧水を使い続けるのは効果も不十分です。早く使い切って余計な肌トラブルは避けましょう。

スキンケアを化粧水だけにする場合は、化粧水の選び方も重要になってきます。セラミド配合のものを選ぶなど、できるだけ保湿効果の高いものを選びましょう。

スキンケアは人それぞれ。肌質に合ったやり方をしていくことが大切なんですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事