夏バテの原因は食事にあった?体を冷やす食べ物には要注意!

夏バテの原因は食事にあった?体を冷やす食べ物には要注意!

まだまだジメッとした暑さが続きますが、なんだか夏バテ気味でなにをするにもやる気が起きない。そんな人も多いのではないでしょうか?そんな夏バテの原因が実は食べ物にあったというのをご存知ですか?特に体を冷やす食べ物には注意が必要なんです!

冷たい食べ物で夏バテに!体を冷やすアイスやジュースには注意!

暑い日が続くと、暖かい食べ物は避けて冷たい食べ物ばかり食べたりしませんか?喉が渇いて冷たい飲み物をガブガブ飲んだり、冷たいそうめんばかり食べたり。体が冷えて涼しくはなりますが、一方で体への負担は大きいのです。

冷たい食べ物は、特に消化器官など内臓の働きが落ちると言われています。夏バテの主な原因のひとつで、食欲不振のほか、下痢などを引き起こすこともあります。

また冷たい食べ物でも、ジュースやアイスクリームなどは糖分が多く含まれているため、あまり摂りすぎると疲労感やイライラの症状が出始めます。結果、集中力が低下して仕事への影響も出てしまうかもしれません。

また糖分の代謝にはビタミンB群を消費しますので、こうした冷たい食べ物ばかり食べてしまうと、ビタミン不足になる可能性もあります。

夏バテを解消するにはやっぱり食べ物が大切!

夏バテは暑さと冷えを繰り返すことによって起こります。気温差や体温の変化が自律神経のバランスを崩して倦怠感が生じるのだとか。

倦怠感によって食欲も湧かず、ずっと軽い食事で済ましてしまうと栄養も満足に摂れないため、疲れが溜まる一方です。

夏バテ解消には食事と睡眠。この2つがとても大切です。特に不足しがちなタンパク質や前述のビタミンB群は積極的に摂り入れたいところです。タンパク質が豊富な「肉類」や「卵」のほか、ビタミンB群が豊富な「うなぎ」なんかも夏バテにはおすすめの食事です。

ほかにも、鉄分や汗などで失われがちなミネラルを多く含む「レバー」もタンパク質やビタミンB群が豊富で夏バテ解消にもってこいです。

さらに睡眠の質を上げるために、しっかりと入浴で体をリラックスさせてから眠れば、自律神経も整いやすいので、早めに夏バテも解消できるでしょう。

夏バテの原因はいろいろありますが、なかでも食べ物は重要な要素です。栄養をしっかりと摂って、できるだけ体を冷やさない食事を心がけましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事