口臭の原因は舌の汚れにあり!舌をキレイにする磨き方とは?

口臭の原因は舌の汚れにあり!舌をキレイにする磨き方とは?

臭いのキツイ食べ物を食べたり、口のなかが乾燥して臭いが発生したり。口臭の原因はさまざまですが、なかでも気をつけなければならないのが舌の汚れ「舌苔」です。いくら歯を磨いていても舌から臭いが発生していたら対策も変わります。詳しくご紹介します。

口臭の原因は歯ではない!舌だった!

毎日歯を磨いているのに、なんだかお口からの臭いが気になる。口臭は歯や歯の隙間のゴミだけではありません。とくに舌についた苔のような「舌苔」と呼ばれる汚れには注意が必要です。

舌の表面は小さな突起があり、ザラザラしているのですが、その間に細菌や口腔内の粘膜、さらには食べかすといった汚れが溜まっていくと舌が白くなったり、黄色になったりします。

舌苔は誰にでもあるものなので、過敏になる必要はないのですが、過剰に舌苔がついてしまうと、食べ物の味を正確に認識できなくなったり、口臭を発生させてしまうのだとか。

とくに唾液の分泌量が少ない人は舌苔ができやすいと言われています。これは口腔内が乾燥しやすいために舌の汚れがこびりついてしまって、落ちにくくなるためです。口をよく開けている人も乾燥しやすいため、舌苔ができやすいのだとか。

口臭の原因「舌苔」をキレイに取り除くには?

舌苔ができてしまったら、口臭を予防するためにも適切に取り除きましょう。よく歯ブラシで歯を磨いたあとに、そのまま歯ブラシで舌を磨くという人がいますが、これはNGです。舌は歯ブラシで磨くと表面が傷ついてしまいますので、専用の舌ブラシで汚れを落としましょう。

舌ブラシの使い方は、軽く力を入れて舌苔の奥から手前に引く。これだけです。ポイントは舌ブラシで一度舌を引くごとにブラシを洗うこと。せっかく取り除いた汚れを押し付けることがないように、必ず引くたびに水で流しましょう。

1日に何度も舌ケアをすると舌が傷つく恐れがありますので、一番舌が汚れている寝起きの朝、歯磨き時に舌ケアするのがおすすめです。

毎日の舌ケアは重要ですが、舌苔がついていないときは過剰にやる必要はありません。口臭を抑えてキレイな息で、堂々と会話を楽しみましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事