すっぴん美肌にぐんと近づくには、正しい洗顔方法がかなり大切!

すっぴん美肌にぐんと近づくには、正しい洗顔方法がかなり大切!

ファンデーションに頼らず、キメの整った美肌を手に入れたくはありませんか?きちんと保湿ケアをしていても、洗顔を正しく行えていないと肌に浸透しにくくなり、保湿効果が半減すると言われています。まずは洗顔方法を見直してすっぴん美肌をつくりましょう。

すっぴん美肌への近道は洗顔!

ファンデーションやコンシーラーを重ね塗りすれば肌を綺麗に見せることができますが、汗をかくとヨレて崩れやすくなってしまいますよね。すっぴんが美しい肌になれば、ファンデーションやコンシーラーに頼らずにナチュラルメイクで綺麗な肌を手に入れることができます。そのために欠かせないのが丁寧な洗顔!特に難しいことは必要ありません。すっぴん美肌になって「脱ファンデーション!」を目指してみませんか?

美肌づくりに欠せない正しい洗顔方法とは?

まず、洗顔をする前にきちんと手を洗って綺麗な状態にしておきましょう。手を洗わないまま洗顔料を手のひらに乗せて洗顔しているという方は、顔の汚れを取り除く前に洗顔料が先に手の汚れを落としてしまいます。必ず手を洗ってから洗顔料を手のひらに乗せるようにしてくださいね。

手を洗ったら、洗顔料を使う前にあらかじめぬるま湯で顔全体を軽くすすぎ、予洗いをしておきましょう。顔を濡らしておくことで、泡立ちが良くなり肌との摩擦を軽減しやすくなると言われています。

そして、重要なのが洗顔料をたっぷり泡立てること。洗顔料をそのまま顔につけたり、適当に手のひらで馴染ませたあとに伸ばすだけでは、肌に摩擦が加わる上に毛穴の奥の汚れまで取り除くことができません。ぬるま湯で軽く濡らした洗顔ネットに適量の洗顔料をつけて、もこもこの泡を作っていきましょう。泡立てることに時間をかけすぎてしまうと、予洗いした肌がどんどん乾燥してしまうので、なるべく素早く泡立てる作業を済ませるといいですね。

たっぷりの泡ができたら、皮脂分泌の多い額や鼻のTゾーンを先に洗い始めましょう。指の腹を使ってクルクルと円を描くように洗っていきます。皮脂が溜まりやすい小鼻の脇も忘れずに。

頬は皮膚が薄くて乾燥しやすいため、泡でゴシゴシ擦る必要はありません。泡を置くだけで汚れが落ちると言われているため、泡を優しく乗せる程度にしておきましょう。

正しく洗顔しても、泡が残っていると吹き出物の原因になるので、すすぎ残しのないようにぬるま湯で流しましょう。特に髪の毛の生え際、あご、こめかみなどに泡が溜まりやすいためきちんと洗い流して完了です。

また、丁寧に洗顔し終えても水分を拭き取るタオルに菌がついていたら全く意味がありません。柔らかい清潔なタオルを使い、顔全体に優しく当てて水分を吸収させましょう。洗顔後の肌は無防備な状態であるため、すぐに化粧水をつけて保湿ケアに取り掛かることも大切ですよ。

シャワーで洗い流すのはNG!優しい洗顔ですっぴん美肌へ

お風呂場で洗顔をすると、シャワーで洗い流したくなりますが、シャワーが刺激となって色素沈着の原因にもつながると言われています。手のひらでぬるま湯を包み込むように丁寧に流してあげてくださいね!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事