「ポーチの中身」を大調査!時短コスメ担当者たちのマストアイテムとは?

「ポーチの中身」を大調査!時短コスメ担当者たちのマストアイテムとは?

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもち...

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもちろん“ Spark yourself!”の頭文字です。商品制作の舞台裏や仕事に対する想いなどをインタビューしていきます。企画や研究開発に携わる同世代の彼女たちから、仕事を楽しむヒントやコツが得られるはず!

今回は化粧品会社、(株)スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニーで時短コスメ「サボリーノ」を担当する御殿谷りえさん(写真右)と三原彩さん(写真中央)、齊藤久美子さん(写真左)のライフスタイルにフィーチャー。仕事もプライベートも充実させる、アラサー女子のマインドをのぞき見!

 撮影/[人物]長谷川梓、[静物]植一浩
 取材・文/GINGERweb編集部

優秀アイテムに絞って、お直しも時短!

洋服選びに、メイクに・・・、朝の仕度時間は何かと時間がかかるもの。「サボリーノ」というブランドも、もっと朝にラクしたい!という女性たちの本音から誕生しました。そこで同ブランドを担当する彼女たちの、オン/オフのファッションやメイクをリサーチ。愛用中のポーチの中身も見せていただきました!

<左から>クリアラスト クリーミーパクト¥1,500、ビューティーマインズ  オイルケアティント01¥1,250、ハニーロア フレグランスハンドクリーム¥1,200/すべてBCL

服装の規定がないので、平日は常識の範囲内でおしゃれを楽しんでいます。逆に子供と過ごすことが多い休日は、2パターンくらい服の組み合わせを決めておいてローテーションしています。外出前のリップ選びは気持ちの切り替えになる、好きな時間です。(齊藤)

<左から>ハダリラ スキンパウダー¥1,600、クリアラスト ひんやりカバーパウダーUV¥1,300、ブロウラッシュEX ウォッシャブル WPマスカラ エクステロング&カール¥1,500、ブロウラッシュNEO ラッシュアップマスカラ ボリューム¥1,500、ビューティーマインズ オイルケアティント¥1,200、サティシェ ハイライト フレーク ヴェール¥3,500(チークは現在販売中止)、ミニパレット アイグロススティック¥1,100、アイブロウラッシュNEO パーフェクトフィットジェルライナー¥1,000、ブロウラッシュEX ウォーターストロング Wアイブロウ(ペンシル&リキッド)¥1,200/すべてBCL

平日はスキンケアをサボリーノで時短しつつ、メイクはファンデーションからアイメイクまでひと通りしています。一方、休日はベースと眉を描いたらメイクはほぼ終わり。ヒールを履くことがオン/オフの切り替えになってます。(御殿谷)

<左から>ブロウラッシュNEO ラッシュアップマスカラ ロング¥1,500、ブロウラッシュEX ウォーターストロング Wアイブロウ ナチュラルブラウン¥1,200、ミニパレット アイグロススティックOR¥1,100、ブロウラッシュEX ブロウコーティング R¥900、カクシマスト フルカバーコンシーラー ナチュラル¥1,200、ビューティーマインズ オイルケアティント 07¥1,200/すべてBCL

例えばアイシャドウはスティックタイプにするなど、持ち歩きコスメはコンパクトでかさばらないものを選ぶことが多いです。平日も自分のテンションを上げるために、派手すぎない程度にその日の服装に合ったカラーアイテムを取り入れています。(三原)

アラサー女性の「お仕事マインド」

御殿谷さんと齊藤さんは、ともに幼い子を持つワーキングマザー。仕事に育児に日々奮闘する彼女たちが息抜きにしていることは?

独身のときはヨガや水泳に行くなど、体を動かすことが息抜きになっていたのですが、今は子供ふたりをあやすことが運動になっています(笑)。最近は料理が以前より楽しくなってきたところです。週末に1週間分のストックを作っている時間は、ひとりで黙々と集中できるんです。(御殿谷)

20代前半から歌舞伎と舞台を観に行くことが好きです。今は子供がいるので半年に1回行けたら良いほうですね。歌舞伎の世界って指先の先まで美の世界がこもっていたり、着ているものや香りも豊かなので究極の美を感じるんです。そのときだけは日常から離れて、家や仕事のことを忘れて浸れるので全身洗われる気分になれます。(齊藤)

一方BCLカンパニーで働き始めてまもない三原さんも、仕事もプライベートも充実の日々を送っています。

映画鑑賞と書道が息抜きになっています。書道は子供の頃に習っていたのですが、社会人になってから友達と写経をしに行ったのをきっかけに再開しました。最近の楽しみは年賀状を手書きで書くことです。(三原)

彼女たちの“マイルール”とは?

<御殿谷>身だしなみをきちんと整えておく
仕事柄、突然予定が入ることもあるので、いつ外に出ても、いつ人に会ってもいいように、服装には気をつけています。身だしなみは1日のテンションを左右するもの。日々時間に追われるなかでも、簡単にきちんと見えが叶う小物類はいろいろと持ち歩いています。

<齊藤>仲間を楽しませる、コミュニケーションツールを持ち歩く
みんなが楽しくなるような付箋やメモを集めています。特にキャラクターものは、周囲の反応がいいので会話のきっかけにもなります。お気に入りのリップも常に手がとどく場所に。

<三原>常に笑顔でいること
笑顔が素敵な人って好感が持てますよね。基本的に何でも楽しめるタイプですが、自分がいつもご機嫌でいられるように意識しています。ちょっと疲れたなと感じたときでも、些細な楽しいことを自分の中にストックしておくと、クスッと笑えます。

いかがでしたか? 自分なりの息抜き方法を見つけるだけでも、きっと今以上に充実した日々に変えることができるはず! 同世代女性が実践しているオン/オフの切り替え方を参考に、メリハリのある生活スタイルを意識してみましょう。

サボリーノ
https://www.bcl-brand.jp/special/saborino/

関連キーワード

関連記事