わざと? 結婚指輪をつけない既婚男性の本音

わざと? 結婚指輪をつけない既婚男性の本音

「この人素敵!」と思ったらまずは左手の薬指をチェック……という方も多いのではないでしょうか。でも指輪をしていないから独身かと思ったら、実は既婚者だったというケースも。結婚指輪を付けない男性のホンネを探ってみました。

体型の変化でやむなく……

「結婚してから17キロ太ってしまい、指輪のサイズが合わなくなって付けられなくなったんです。無理に付けていると指がうっ血して危険だと友人から指摘されて外すことに」(33歳/観光業)
「ダイエットに成功して痩せたら指も細くなり、ブカブカになってしまったので付けていません」(28歳/金融関係)

指輪が抜けなくなって消防署で切ってもらった……という話を聞いたことがありますが、体重の増減でサイズが合わなくなった場合は、わざわざサイズを直す人も少なそうですね。

金属アレルギーなので……

「指輪を付けると痒くなるので付けられないんです。『チタンなら大丈夫じゃないの?』と言われてるのですが、何かが接触しているのが感覚的にダメで。時計も苦手です」(23歳/SE)
「金属アレルギーで指輪は無理だと結婚するときに妻に言ったら最初は納得していなかったんですが『じゃあ同じ予算で私に2本買ってね』と2本買わされました……」(30歳/自動車関係)

他にアクセサリーや時計を一切付けていない人の場合は、「付けない」ではなく「付けたくても付けられない」という事情がありそうですね。

デザインが好みではなくて……ついに紛失

「婚約指輪や結婚指輪って女性のためのものみたいなところが大きいじゃないですか。正直全く好みじゃないデザイン、ブランドのもので押し切られてしまったので、最初は我慢して付けていましたがやっぱり好きになれなくて。仕事中は外していて、家に帰る前に付けて……を繰り返していたらいつの間にか紛失してしまったんです」(26歳/マスコミ関係)

ちなみに、喧嘩になりそうなので奥様には本当の理由は話していないそうです。好みじゃないのであれば最初からそう言えばいいのでは? とも思ってしまいますが、結婚前のバタバタしているときに波風立てたくなかった気持ちも分からなくもないし、難しいところですね。

独身に見られたいから

「『既婚者です』ってわざわざアピールする必要性を感じないです。仕事上、女性から多少の好意は持たれたほうがやりやすいところもあるので」(28歳/飲食業)

飲食店勤務の方や美容師の方など「ファンがあっての商売」という方は、既婚と隠しはしないけれど「もしかしてチャンスあり?」というドキドキ感を持たせるくらいのほうが仕事がやりやすい、という声も。

結婚指輪賛成派も

多数リサーチした中では、下心を理由に指輪を付けないでいるという男性はかなり少なかったです。それよりも、紛失や体型の変化などやむを得ない事情で付けていないという人が圧倒的でした。筆者の見てきた経験上、遊び慣れている既婚者のほうが指輪を付けたまま堂々と浮気をしている傾向があります。「既婚って最初から分かっているんだから割り切れるでしょ」という図々しいアピールの上で声をかけているので、罪悪感がない分タチが悪いと思うのですが、いかがでしょうか。

関連キーワード

関連記事