フードコーディネーター監修!優しい甘さ…旬の野菜で心と体の安定を

フードコーディネーター監修!優しい甘さ…旬の野菜で心と体の安定を

秋の旬の野菜を食べて、穏やかな心と体を手に入れましょう♪旬の野菜がそもそもなぜ体にとっていいのか?をご説明していきます。そして秋の旬の野菜ってどんなものがある?ということも合わせてご紹介していきます。

秋の旬の野菜を食べて穏やかな気持ちを持ちましょう!

さて、旬の野菜を食べるのはいいことであると言われるのはなぜか、ご存じでしょうか?

それは、人間も動植物も環境の一部であるから、その気候風土の変化に適応していくことで、本来の人間としての健やかな精神や体のバランスが維持できるようになると考えられているからです。気候風土の変化に適応していく方法として、その土地の食べ物、その季節に育つ穀物や野菜を食べるといいと言われています!

例えば、寒いところには体の熱を外に出さないようにする食べ物が育ちますし、暑いところには体の熱を外に出すような食べ物が育ちます。自然と調和した野菜を選ぶことで、私たちの体と心も調和され心地よくいられるのです。秋野菜の特徴としては、気持ちを穏やかにしてくれるような甘味を持つものが多いです。かぼちゃやさつまいもなどは特に甘さを感じられ、野菜を通して秋を感じます。

秋の旬の野菜といえばどんなものがある?

秋野菜と聞いて、皆さんはどのようなものを思い浮かべますか?秋の旬野菜は主に次のようなものがあります。

【秋の旬野菜】
・さつまいも
・かぼちゃ
・キノコ
・じゃがいも
・栗
・人参
・カブ
・玉ねぎ
・ブロッコリー
・カリフラワー
・キャベツ
・里芋
・山芋
・レンコン などが挙げられます。

一年中スーパーで見かける野菜もあるので、秋が旬であることに改めて気づいた方もいるのではないでしょうか。

そして、これら秋の旬の野菜を使用した調理例としては「キノコ類をたっぷり入れたお味噌汁やスープ」「キノコのアヒージョ」「サツマイモやかぼちゃを使ったサラダやスイーツ」などもありますね。秋野菜は食物繊維を多く含むものが多いので、不足しがちな栄養素を沢山摂れるのもメリットです。そして、秋野菜は自然な甘さがあるのも特徴なので、気持ちを穏やかにしてくれる効果もあると言われています。

いかがでしたか?秋の旬の野菜を美味しく食べて、体と心を穏やかに過ごしましょう!

 Profile
<執筆>
山本 麻紀子(やまもと まきこ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・エステサロン店長。
延べ1万人以上の施術経験があり、エステティシャン歴8年。
現在はエステに加えて食事のアドバイスなども合わせて行なっている。
ブログ:https://ameblo.jp/maki-totalbeauty

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事