余ったシアバターで作る!「ハンドメイドコスメ」レシピをご紹介

余ったシアバターで作る!「ハンドメイドコスメ」レシピをご紹介

自分へのご褒美としてちょっと効果なシアバターを購入したはいいものの、使い切ることなく「ドレッサーの肥やし」なんてことありませんか?シアバターは全身に使えるアイテムなので、ちょっとした工夫次第で様々なコスメを手作りすることが可能です。

天然の万能コスメ!? シアバターの優れた働きや意外な使い方

シアバターとはアカテツ科のシアバターノキの種子から採取した植物性脂肪のことで、健康的な素肌へ導くための美容成分が豊富に含まれています。

【シアバターに期待できる効果】
<保湿効果>
シアバターに含まれるオレイン酸は人の皮脂と馴染みやすく保湿性に優れています。

<アンチエイジング>
活性酸素の発生を抑える抗酸化成分のカロテノイドをはじめ、血行を促進しターンオーバーを整える天然のビタミンE成分、トコフェロールが含まれています。

<肌トラブルの改善>
シアバターに含まれるアラントインには傷を修復する作用や細胞の生まれ変わりを促進する効果が期待できます。

【シアバターの意外な使い方】
シアバターは洗顔後やお風呂上がりの保湿はもちろんのこと、ネイルクリームやワックスとして使用することが可能です。また、紫外線をカットする働きなどもあるため、日焼け止め代わりに使用するのもおすすめ!

シアバターを使ったハンドメイドコスメ〜アロマ入りシアバタークリーム〜

それでは、シアバター入りハンドメイドコスメの作り方をご紹介します。アロマ精油の中には妊娠中の女性が控えるべきものもありますので、精油の特徴や注意点を必ず確認した上で配合するようにしましょう。

【アロマ入りシアバタークリームの作り方】
<材料>
・シアバター 10g
・ホホバオイル 大さじ1
・ミツロウ 小さじ2
・お好みの精油 5滴

<作り方>
1.耐熱瓶にシアバター、ホホバオイル、ミツロウを加え弱火で湯煎にかけます。沸騰すると耐熱瓶の中にお湯が入りやすいため火加減には十分注意しましょう。
2.材料が全て溶け、固体から液体に変わったら火を止めて粗熱をとります。
3.お好みの精油を加え、よく混ぜ合わせます。
4.熱が完全に取れてクリーム状に固まったら完成です。

いかがでしたか?シアバターは未開封の場合でも保存期間は約1年間程と短く、長期保存には適していません。もしご自宅に余らせているシアバターがあればミツロウなど保存性を高める天然由来の添加物をブレンドしながら、自分だけのオリジナルコスメを作ってみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事