料亭の味!? 「あご出汁」は味も身体も美しく導く美容食だった!

料亭の味!? 「あご出汁」は味も身体も美しく導く美容食だった!

九州エリアでは馴染み深い「あご出汁」ですが、数年前のブームにより今や全国のご家庭で使われている人気のお出汁です。調理の際に使用することで、料亭の味に近づけるだけでなく、女性に嬉しい様々な美容効果が期待できるんだとか!

上品な味「あご出汁」は栄養豊かな美容食!

あご出汁の「あご」とは、空を飛ぶ唯一の魚として知られるトビウオのことで、一説によると「あごが落ちるほど美味しい」ということで呼ばれているのだそうです。それでは、あごが落ちるほど美味しい「あご出汁」に含まれる栄養素や期待できる効果についてご紹介します。

【あご出汁に含まれる栄養素・期待できる効果】
<タンパク質>
トビウオは脂肪が低く低カロリーですが、牛肉や豚肉に匹敵するほど高タンパク質で代謝を促進する効果が期待できます。

<セレン>
元素の一種で、抗酸化作用に優れているため活性酸素の発生を抑えながらお肌の老化を予防します。

<マグネシウム>
イライラを抑制するほか、皮膚細胞の代謝をサポートし肌荒れを予防・改善します。

<カリウム>
体内の余分な水分・老廃物を排出し、むくみを改善する効果ができます。

あご出汁を使ったおすすめの美容レシピ〜豆乳鍋〜

あご出汁の旨味を心ゆくまで堪能できる「豆乳鍋」のレシピをご紹介します。締めは卵とパスタを投入し、和風カルボナーラとして召し上がってみてください!

【あご出汁を使った豆乳鍋の作り方】
<材料>
・豆乳 300ml
・水 300ml
・あご出汁 小分けパック1袋
・鶏もも肉 1枚
・人参 80g
・油揚げ 1枚
・長ネギ 1/2本
・えのき茸 1パック
・豆腐 1/2丁
・水菜 1束
・すりごま 大さじ2

<調味料の材料>
・ウェイパー 小さじ1
・味噌 小さじ1
・みりん 小さじ1
・塩 適量

<作り方>
1.具材を全て食べやすい大きさにカットします。
2.鍋に水と豆乳、あご出汁、すりごま、調味料を全て加え温めます。
3.沸騰したら少し火を弱め、鶏肉→野菜→えのき茸→油揚げ→豆腐の順番で加え煮込んだら完成です。

いかがでしたか?あご出汁は鍋や味噌汁に活用するのもいいですし、栄養ドリンクとしてそのまま飲むことでも美容・健康効果が期待できます。まずは1日1杯のあご出汁習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事