油断禁物!秋のスキンケアは「基礎」と「ターンオーバー」がカギ!

油断禁物!秋のスキンケアは「基礎」と「ターンオーバー」がカギ!

強めの日焼け止めを塗り、UVケアに精を出していた夏の日も今はもう昔。お肌が欲するスキンケアは季節によって変わります。秋に必要なスキンケアを、2つのキーワード「基礎」「ターンオーバー」とともにご紹介します。

秋のスキンケアは「基礎」の見直しが◎

秋になると、お肌にはどのような変化が訪れるのでしょうか。
1)敏感になり、荒れやすくなる
2)乾燥気味になる
3)触ってみるとお肌がゴワゴワする

1のお肌が敏感になるというのは、季節の変わり目によく見られる症状です。気候の変化が身心へのストレスとなり、体調やお肌のコンディション不良となって現れてきます。特に今年のような猛暑の夏から秋への変わり目は気温が急激に下がり、体調を崩す人も多い時期。スキンケアにも例年以上の注意が必要です。

2のように秋になるとお肌がカサつき気味になるのは、気温の低下が原因の一つ。気温が下がると皮脂の分泌機能が弱まり、皮脂量が減ってしまう場合があるんです。

こうしたお肌への変化が見られる秋は、スキンケアの「基礎」を見直しが良いでしょう。具体的には、洗浄(洗顔、クレンジング)、保湿、UVケアなどのスキンケアを抜かりなく、毎日続けていくのが理想的です。基礎のスキンケアに抜けがあると、お肌のコンディションに影響が出ます。秋は、時々行うスペシャルケアよりも、日々のお手入れに力を入れましょう。

帰宅後に1日のお肌の汚れを落とし、化粧水でのうるおい補給や乳液・クリームでの保湿ケアを行い、日焼け止めを塗り忘れない…こうした基礎のスキンケアを毎日確実に行うことで、秋のお肌のコンディションも崩れにくくなると言われています。

夏の疲れ肌は、秋のスキンケアでカバー

そして、3のお肌がゴワゴワするという症状は、夏に受けたお肌のダメージが関係しています。夏にダメージを受けたお肌は、いわばお疲れ気味な状態。そんなお肌に湿度の低下や皮脂の分泌機能がうまく働かないといった条件が重なると、乾燥した角質がお肌に溜まってゴワゴワを引き起こしてしまうのだそうです。つまり、お肌のターンオーバーの乱れということです。

こうした傾向から、秋は基礎のスキンケアの見直しに加え、お肌のターンオーバーを手助けするスキンケアも同時に行うのがおすすめです。

お肌の余分な角質を取り除くケアといえばピーリングをイメージしがちですが、秋口のお肌には刺激が強いのでおすすめしません。お肌への刺激を最小限にしてターンオーバーを促すには、ふき取り化粧水が効果的と言われています。

ふき取り化粧水は、洗顔後、いつもの化粧水をつける前に使います。肌をふき取ることで、古い角質や汚れなどをすっきりさせて、その後の化粧水や乳液などの浸透力をより高めるので、基礎のスキンケアがより効果的になるそうです。

いかがでしたか?今回ご紹介したように、秋は「基礎」と「ターンオーバー」という2つのポイントをしっかり押さえたケアが大切です。特別なことを行うのではなく、日々のケアをコツコツ行って健やかな美しい肌で秋を過ごしましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事