【医師に聞く】私の肌くすみは糖化が原因?! 怖い影響と上手な食事法

【医師に聞く】私の肌くすみは糖化が原因?! 怖い影響と上手な食事法

近年、美容や健康に敏感な人たちに話題となっているのが体の「糖化」。そこで、専門医でクロスクリニック銀座の院長 石川浩一先生に、「糖化」が起こるメカニズムや肌のくすみとの深い関係、糖化を予防する上手な食事法について詳しく教えていただきます!
くすみを改善!原因&最新の治療法 石川浩一先生

そもそも糖化とは?糖化が起こるメカニズム

最近、注目されている体の「糖化」。でも美容や健康にどのような悪い影響をもたらすのか、詳しく知っているという方は少ないのでは? 専門医でクロスクリニック銀座の院長 石川浩一先生に「糖化」の仕組みや肌のくすみとの関係について教えていただきます!

先生、「糖化」について分かりやすく教えてください!

「食品では『メイラード反応』と呼ばれますが、『糖化(糖とタンパク質が結合)』すると褐色の着色を生じます。パンケーキに砂糖を入れて焼くとキツネ色になる、これは過熱すると促進する『メイラード反応』によって起こった『糖化』のひとつです。

同じように私たちの体内でも、余分な糖分がタンパク質と結びついて皮膚や血管、骨などに蓄積して老化させる現象、これが『糖化』です。酸化が『体のサビ』と呼ばれるのに対し、糖化は『体のコケ』と例えられています」(石川先生)

肌のくすみと糖化との深い関係

糖化は肌のくすみの原因にもなるそうですが、どういった関係があるのですか?

「タンパク質と糖が結びついてできる『終末糖化産物(AGEs)』は組織に蓄積し、正常な代謝を邪魔することで、老化の原因になるとも言われています。皮膚の中には、表皮の『ケラチン』、真皮の『コラーゲン』『エラスチン』といったタンパク質があり、これらが糖化すると様々なトラブルのもとになります。

特に、『コラーゲン』は最大のタンパク質で皮膚の骨格の役割をしているのですが、これがAGEs化していくと、正常なコラーゲン産生が滞り、地肌のくすみを起こします。さらに、くすみだけではなく、しわやたるみの原因ともなります」(石川先生)

肌のくすみだけでなく、しわやたるみにまで影響しているとは、糖化は女性の敵ですね。

「血管の壁にもコラーゲンがあるため、糖化は血管を劣化させる原因にもなります。健康な血管は、皮膚にスムーズな酸素や栄養素の供給をするために不可欠なものですが、血管の老化が進むと、拡張したままの毛細血管などが増え皮膚の赤みが増すため、『赤くすみ』の原因にもなります」(石川先生)

糖化を予防・改善するための食事法

糖化を予防するためには食事への配慮が大事と聞きました。上手な食事法についてアドバイスをお願いします!

「『糖分』は重要な栄養素なので、糖分を取ることは必要です。しかし、その取り方をちょっと工夫することが大切だと考えます。

『GI値(血糖値の上昇割合を数値化したもの)』を参考にして、例えば、白いご飯より玄米、うどんよりそばを選ぶというようにGI値の低い食品を選ぶことをおすすめします。また、よく噛んで食べることや食べる順番を工夫することもポイントです。食べる順番は、『サラダ類』→『肉・魚類』→『ご飯・パン』をという順を意識すると良いでしょう」(石川先生)

糖化を促進するものとして「紫外線」と「喫煙」も挙げられる、と石川先生(中でも喫煙はもってのほか!とのことでした)。ですから糖化ケアは、紫外線ケアと一緒に行うことも重要になるそうです。

肌のくすみはもちろんのこと、血管の老化まで引き起こす「糖化」は本当に怖いですね。食事法や紫外線対策、禁煙など、今できる対策をしっかりとって、体の中から本物のキレイを手に入れましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
石川 浩一 先生
クロスクリニック銀座 院長/形成外科専門医
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)

関連記事