【医師に聞く】肌のくすみを改善!最新・美容医療の治療法とその実力

【医師に聞く】肌のくすみを改善!最新・美容医療の治療法とその実力

肌のくすみの原因は紫外線や糖化などさまざまで、自己流ケアだけでは改善されにくいとも言われています。そんな頑固な肌のくすみには美容医療の力を借りるのも近道だそう。クロスクリニック銀座の院長 石川浩一先生に最新の美容医療についてお話を伺います!
くすみを改善!原因&最新の治療法 石川浩一先生

肌のくすみを改善したい!美容医療で期待できる効果とは?

くすみを改善!原因&最新の治療法 石川浩一先生
肌のくすみの原因は紫外線や乾燥、糖化などさまざまで、改善されにくいという声も聞かれます。そんなときに頼りになるのが最新の美容医療。でも「どんな治療法なの?」「痛みはある?」など不安や疑問も多いですよね。

そこで、美容医療の著書も出版されている美容医療の専門家、クロスクリニック銀座 院長の石川浩一先生に肌のくすみに有効な最新の治療法や実際の効果などについて教えていただきます!

はじめに、美容医療によるケアの一番の魅力とはどういった点でしょうか。

「美容医療はコスメやサプリでは得られない効果を得ることができます。もちろん、コスメはコスメの良さや効果、サプリにはサプリの良さや効果がありますので、それらを否定するものではなく『お肌のプロによる集中的なケア』ととらえてもらえば良いと思います」(石川先生)

肌のくすみを改善する!おすすめ治療法|ピーリング・光・レーザー

肌のくすみに効果的な治療法について、先生のクリニックの治療例を参考に教えていただきました。

■ ハイドラフェイシャル(美容液ピーリング)
美容液だけで行う贅沢なピーリング。くすみの原因である古い角質を除去します。

「ピーリングは痛みもダウンタイムもないので気軽に始められる治療法の一つです。直後から透明感のあるモチモチ・ツルツル手触りを実感できますよ」(石川先生)

■ BBL(光)
美容医療が初めての方も受けやすい光による治療法。肌のくすみなどその人の肌の状態に合わせて最適な波長フィルターを院長が選択するので、きめ細かい治療が可能です。

「痛みの感じ方には個人差がありますが、光治療のBBLは照射時の痛みも少なく、カサブタなどの心配がないのではじめての方におすすめです。月に1回程度の通院で良いので忙しい方でも受けられますよ」(石川先生)

■ ピコフェイシャル®(レーザー)
最新のピコレーザーを使ったクロスクリニック銀座、オリジナルの治療。ピコレーザーを中心に症状により複数のレーザーを院長の判断で併用します。

「最新のピコレーザーは、これまでのレーザーと比べて、優しくて早い治療が可能です。なかなか改善されないくすみ、さらなる改善を希望する方におすすめです」(石川先生)

最新のクリニックであれば、自分の希望や肌の状態に応じた治療法が用意されているようです。安心してはじめの一歩を踏み出せそうですね。

肌のくすみを改善してくれるドクターズコスメ

クリニックだから手に入るドクターズコスメもあると聞きました。詳しく教えてください!

「各クリニックによって異なるので当院の例となりますが、成分や効果など参考にしていただければと思います」(石川先生)

■ ホワイトニングローション(ドクターズコスメ):1本6,000円
新美白成分「4-MSK」がくすみの元となるメラニンの排泄促進や生成抑制に作用してくすみを改善します。

「5大美白成分とされる『4-MSK』『プラセンタエキス』『トラネキサム酸』『アルブチン』『美白植物エキス』といった美白成分を配合した贅沢な化粧水で、肌のくすみへの効果が期待できます」(石川先生)

■ プラスリストアナノHQクリーム(ドクターズコスメ):1本8,000円
肌の漂白剤ともいわれる『ハイドロキノン』を1.9%配合した美白クリーム。

「特許技術SSDナノカプセルによりハイドロキノン1.9%で4%と同等レベルの美白効果が得られます。抗酸化力がビタミンCの172倍といわれるフラーレンも配合されています」(石川先生)

■ スキンピールバーハイドロキノール(ピーリング石鹸):1個5,000円
『グリコール酸』だけでなく、『サリチル酸』、美白成分『ハイドロキノン』を配合したピーリング石鹸。

「毎日のピーリング洗顔によって、くすみの原因の一つである古い角質を洗い流せば、肌に透明感をあたえることができます」(石川先生)

※価格はすべて税抜きです。

肌のくすみを改善するメディカルサプリメント

通常のサプリメントよりも効果が高いとされるメディカルサプリメントで、くすみに有効なものはありますか?

「当院のものだと、『FVlock』(サプリメント/1箱4,000円・税抜き)がおすすめです。老化の2大原因である『糖化』と『酸化』を抑制し、1日1錠で手軽に老化予防ができます。

『抗糖化成分』(混合ハーブエキスとマンゴスチンエキス)と『抗酸化成分』(シトラス果実・ローズマリー葉エキス)が、糖化により生成される老化物質や酸化による活性酸素の増加を抑制して、お肌の改善を促進してくれます」(石川先生)

肌のくすみ治療を受ける際の副作用・注意点

肌のくすみの治療を受けてみたい!という方のために、副作用や注意点があれば教えてください。

「先ほどご紹介した治療法であれば、それほど心配はいりませんが、いくつかお伝えしておきましょう。なお、妊娠・授乳中の方、その他の疾患など心配のある方は、事前に医師に相談してくださいね」(石川先生)

■ 直後からメイクができるレーザーがほとんどですが、照射後に軽い赤みやむくみが出る場合があります(数分〜数時間で治る程度)。

■ ハイドロキノンが含まれる塗り薬は紫外線への注意が必要なので、「夜だけ塗る」といった指示は守ってください。

■ 紫外線はくすみをはじめとした老化・肌トラブルの大きな要因です。日中の紫外線対策は一年を通して徹底してください。

最新のくすみの治療は、ピーリング~レーザー治療、ドクターズコスメ、メディカルサプリメントなど、いろいろな選択肢があることが分かりました。肌のくすみで悩んでいるのなら、一度、医療機関の門をたたいてみるもの得策かもしれません。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
石川 浩一 先生
クロスクリニック銀座 院長/形成外科専門医
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)

関連記事