秋はくすみ肌に悩まされがち…くすみを解消するお手入れ法とは?

秋はくすみ肌に悩まされがち…くすみを解消するお手入れ法とは?

秋の肌は、夏の紫外線ダメージなどによりメラニンが蓄積されてくすみやすいと言われています。くすみ肌は1回のケアで解消できるものではありませんが、日頃のお手入れ次第でぱっと明るい肌に近づくことができますよ。

夏のダメージが蓄積されて秋はくすみ肌に…

夏は強い紫外線が降り注ぎ、冷房による乾燥、皮脂や汗の分泌によるベタつきなど、あらゆるダメージが肌に蓄積されています。秋を迎えると肌がくすんでいて元気がない…と悩み始める方も多いのではないでしょうか。秋のくすみ肌は夏に受けたダメージを回復させてあげることがポイントです。

秋のくすみ肌を解消するスキンケア方法

肌を触るとゴワゴワ、ザラザラしているという方は、古い角質が蓄積されている可能性大なので丁寧な洗顔とクレンジング、定期的な角質ケアをしていきましょう。クレンジングは潤いを落としすぎないものを選び、スチーマーやホットタオルを当てたあとにメイクを浮かせると落ちやすくなりますよ。洗顔はもこもこの泡をたっぷり作って丁寧に優しく洗っていきます。フェイスラインや髪の毛の生え際は洗顔料の洗い落としが多いため、ぬるま湯でしっかり洗い流してくださいね。

週に1度はピーリングや拭き取り美容液などで角質ケアをするのも効果的。やりすぎると肌が傷ついて乾燥を招いてしまうので気をつけましょう。角質ケア後は美容成分たっぷりのシートマスクで潤いを与えて、最後は乳液やクリームを馴染ませます。

また、忙しい時や暑い日は湯船に浸からずにシャワーで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、シャワーだけでは身体や肌が冷えやすくなり、くすみにつながるため湯船にゆっくり浸かって全身の血流を良くしてあげましょう。お気に入りのアロマオイルや入浴剤を入れてバスタイムを楽しむ習慣をつけるといいですね!

そして、くすみ肌に欠かせないのが質の良い睡眠。睡眠不足は美肌の大敵です。どんなに高い基礎化粧品を使うよりも質の良い睡眠が一番大切だと言われているため、寝る前にリラックスをして早めに就寝することを心がけましょう。

夏のダメージを回復させてくすみ肌を改善!

くすみ肌は、ちょっとしたお手入れをコツコツ継続して解消させることができます。ファンデーションやコンシーラーで隠さなくても済むような透明感のあるすっぴん肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事