胸のあせもが治らない?胸の肌トラブルの原因と予防法とは?

胸のあせもが治らない?胸の肌トラブルの原因と予防法とは?

胸は女性の象徴とも言える重要なパーツです。シーンに合わせてセクシーさを演出するなど、露出する機会もあると思います。でも胸は汗をかきやすい場所で、谷間や乳房の下にあせもができてしまうことも。そんな胸の肌トラブルの解消法をご紹介します。

汗をかいたら拭き取ろう!汗の放置が胸のあせもの原因に!

胸にコンプレックスを持つ女性はきっと多いでしょう。大きさや形、色など、抱える悩みはさまざまですが、なかには「あせも」で悩まれる人もたくさんいることでしょう。

胸の大きさも、あせものできやすさに関係してきますが、胸の部分には汗腺があるため、やはり体質そのものが大きく影響してきます。

夏の間は特に汗をかきやすいので、時期によってあせもができるという人もいるでしょう。

あせもは汗がたくさん分泌されてしまい、汗の菅が塞がれて皮膚内に汗が溜まって炎症することで発生します。

胸の谷間や乳房の下などは汗がとても溜まりやすいので、あせもができやすい場所ですが、予防法として最も有効なのは汗をすぐに拭き取ること。

汗をそのまま放置してしまうとあせもができやすくなるので、まずは汗をかいたらすぐに拭き取るように心がけましょう。胸は人前でいつでも拭き取れるような部分ではないので放ってしまいがちですが、これこそがあせもができやすくなる理由の一つなのです。

下着の見直しも?胸のあせも予防はどうすればいいの?

もうひとつ胸のあせも予防として効果的なのが、汗が乾きやすい下着の着用です。蒸れやすい下着は汗をためやすいので、あせもの原因になります。乳房の下部分にあせもができてしまう人は、ワイヤー付きのブラジャーが原因かもしれません。

あせもは、不用意に触らなければ数日で治ることが多いですが、かゆみを伴うと、体をかいてしまってひどくなることもあります。そうしたかゆみを発生させないためにも、丁寧に洗ってできるだけ肌を清潔に保つことも重要です。またしっかり保湿を心がけることで、乾燥によるかゆみも防げるので、あせも予防につながります。

夏が終わっても、温泉などで胸を露出する機会は多いです。胸がキレイだとどんなシーンにも自信がつきますよね。堂々と露出するためにもできるだけ清潔に保って美しい胸を手に入れましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事